パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害で地震が怖いのは危険!地震恐怖症の可能性があります!

      2018/04/10

パニック障害で地震の映像をテレビで見たり、実際に地震を体験すると恐怖を感じる人はいますか?
 
もしあなたが地震に対して強い恐怖感を感じる場合パニック障害ではなく、地震恐怖症の可能性もあります。
 
しかし安心してください。


パニック障害も地震恐怖症も治る病気です。
 
地震に対して恐怖心が少しでもある人は、このまま記事を読み進めてください。 
 



Sponsored Links



パニック障害の人は目を背けたい地震大国日本の真実

  
パニック障害の人にとって地震は予期不安を煽る自然災害ですよね。


日本は地震大国と言われておりますが、具体的にどのくらいの頻度でどれくらい強い地震が来ているのでしょうか?

 
マグニチュード5.5以上の地震の頻度(1980年から2000年にかけての20年間の年平均回数)を見ると、日本は年1.14回であり、中国の2.1回、インドネシアの1.62回、イランの1.43回に次ぐ、世界第4位の地震大国となっている。
 

こちらのデータを見ると分かるように、世界でも第4位の地震大国です。

 
国土面積の割に、人口密度が高いため、日本の大型地震は被害が多い事が多いです。
 
 
阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、南海トラフ地震その破壊力と規模の大きさは計り知れません。
 


また自分自身が大型地震を体験したり、身内に不幸があったり、怪我をしてしまったりしてしまうと過去の体験がフラッシュバックしてしまい常に不安感を得てしまう人も大勢います。
 
 

地震のトラウマから、パニック障害のような精神病にかかってしまう方も沢山います。


また現在パニック障害で苦しんでいる方も、地震などの報道があったり、小さな地震を体験するとパニック発作が出てしまう方もいませんか?
 
 
パニック障害をもっていて、地震に対しては異常に恐怖を覚えてしまう方は「地震恐怖症」の恐れもあります。
 

では地震恐怖症とは具体的にどのような病気なのでしょうか? 




 

パニック障害ではなく地震恐怖症かもしれません

 


地震恐怖症の身体的な症状としては、不眠、頭痛、涙が出る、パニック症状などがあり、重症化してしまうと日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。


地震恐怖症になる原因は、実際に大地震を経験したり、テレビやニュースの地震報道を見たことによる不安感・恐怖心によるもので、そうした体験や映像がトラウマとなり地震恐怖症になってしまいます。


「また地震が発生したら・・・」と考えると自分の子供を守れるか心配で夜も眠れない
少しの揺れでも恐怖がよみがえってしまい、パニックになってしまう。 
 

いつも流れる地震のニュースが原因でその事ばかり考えてしまい、不安でしょうがない 
 

深度1の弱い地震でも恐怖で体の震えが止まらない。ソレが原因で不眠・頭痛で悩んでいる
実際には揺れていないのに、恐怖心からか揺れているように感じてしまい不安で仕方がない
 

地震恐怖症症の主な症状はこのようになっております。

では地震恐怖症だった場合どのようにして克服していけばいいのでしょうか?


地震恐怖症を克服して、地震大国日本を満喫する方法


イラスト縦
 

パニック障害も地震恐怖症も、不安が増幅されトラウマから起こる病気だと言われております。
 
普通の方は、地震がおきて揺れが鎮まった場合
 
 
「鎮まって良かった」
 

と考えるのですが、地震恐怖症の場合


「また揺れたらどうしよう?」
 
 
と恐怖や不安の感情が現れやすいのが特徴になってきます。
 
 
「地震は怖いけど強い地震ではない限り大丈夫」
 
 
という思考パターンをつけなければいけません。



地震恐怖症は、あなた自身が作りあげている症状なのです。 


 

ただいきなり考え方を変えるということは難しいので、少しづつ少しづつ恐怖をとっていくことに専念しましょう。
 
小さな一歩の積み重ねが大きな一歩になっていきます。  
 

地震の映像をみて不安が出ないか確かめてみたり、地震が起きても無事な人も多いという事実をしっかり知る事。
 
 
あまりにも精神的に辛い症状が出てしまった場合、心療内科に受診してお薬をもらうことをおすすめします。
 
 
また外的要因からの不安があるようでしたら、下記の事をしておくと安心感に繋がる可能性があります。
 


・防犯グッズを買っておく
・家具などをきちんと固定しておく
・避難場所を確認しておく
・地震に強い家に住む


 
いかがでしたでしょうか?

少しでも皆さんの不安が解消されたら幸いです。

 

またパニック障害を持っている人は、他にも併発する可能性のある病気があります
  

 
パニック障害で知らなきゃいけない真実!?併発しやすい恐怖の合併症とは!?
 

こちらも記事も合わせてご覧下さい。


 

おすすめアマゾンリスト!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - お薬の悩み, 環境の悩み, 病気併発の悩み , , ,