パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害で結婚を反対!不安で仕方がない!

      2017/08/31

パニック障害を持っているという理由で結婚を反対される場合があります。

親からしてみたら仕事にちゃんとつけてない、うまく出かける事が出来ない、と様々な不安要素があることでしょう。


しかし病気を持ちながら結婚し、赤ちゃんまでしっかりと産んでいる方もいるのです!!

パニック障害で結婚を反対されても諦めないで前向きに進んでほしい!!


Sponsored Links


パニック障害で結婚を反対された!幸せになっている夫婦もいる!

プリント
パニック障害で結婚を反対されてしまった方もいると思いますが、病気を持ちながら配偶者の理解を得て、二人三脚で治療に取りくんでいる方もいます。


むしろ1人よりも2人の方が病気に立ち向かう強さを身につけ改善している場合が多いです。



パニック障害になってしまったからといって一生結婚できなくなってしまうということはないのです。



ちゃんと薬を服用することによって、すぐには回復できないかもしれませんが、良い方向まではもっていけるはずです。



そして女性の場合は、赤ちゃんの心配もあると思いますが、ちゃんとできますし出産も出来ます。


パニック障害で結婚を反対された!夢や希望は捨てないで!

432398
パニック障害で結婚を反対されても夢や希望は絶対に捨てないで下さい。


私自身も数年パニック障害で苦しみ、生きた心地が全くしませんでした。


いなくなりたくなってしまう時もありました。


生きていてもみんなに迷惑をかけてばかりで、自尊心が失われ本当に辛い思いをした時があります。



しかしいろんな人達との出会いと家族の愛情にも触れて、価値のない人間から価値ある人間に意識が向く事が出来ました。


一時的には誰でも希望をなくす時が来るでしょう。


しかしちゃんとまた歩き出せることを知って下さい。



パニック障害で結婚を反対された!病気に対する偏見をなくそう!

Print
パニック障害で結婚を反対される理由はやはり精神病に対する偏見でしょう。

突然暴れだしてしまうイメージや、おかしくなってしまうイメージがあると思いますが、パニック障害を持っている人は自分の心の制御が少しだけ苦手なだけなのです。


現代人にとって常にストレスにさらされていますので、いつ誰が精神病にかかったり、不治の病になってしまう可能性もあるのです。


人生なにが起こるか分からないのです。


パニック障害を理由に結婚を反対されたとしても、二人の意思が合意しているのであれば、その考えを押し通すべきです。



二人三脚でしっかり治療していけば、治る病気です!


結婚で病気を改善できたというケースもあります。


うつ病やパニック障害など精神患者の認知度はどんどん増えて来ております。

差別の少ない社会が以前よりは作られていると思います。




パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 環境の悩み , ,