パニック障害接し方マニュアル!患者が教える改善方法!

パニック障害患者の接し方に悩んでいる方や、患者が早期回復できるような情報発信

パニック障害に美人が多い理由とは?メンヘラ女子の特徴から紐解く!

   

パニック障害と検索すると「美人が多い」というサジェストワードがありました。精神病になる人のイメージとして真面目で内向的で繊細な人が多いイメージがあると思う方もいるはず。

美人な人は外交的で明るいイメージがありパニック障害と無関係なイメージもあるのですがなぜパニック障害患者に美人が多いのでしょうか?

容姿と病気の関連性をネットの意見を参考に紐解いて行きたいと思います。

パニック障害に美人が多い?

パニック障害のような精神病を抱えている女子はメンヘラも多く、手首を切って自傷行為をしてしまう人や、かまってちゃんで連絡を異常にしてしまったり、希死念慮があり病みやすい状態がある。

全員に当てはまるわけではないが、そこだけを鵜呑みにしてしまうと、パニック障害の女性はマイナスなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、「パニック障害には美人が多い」ということが分かった。

ではパニック障害の女性には美人が多いのか?美人な容姿と精神病の因果関係はあるのだろうか?

私なりの仮説を立てながら分析していきたいと思います。

美人がパニック障害になってしまう原因

美人で容姿に恵まれて生まれてきた人はストレスを感じることが少ないと思っている人もいることでしょう。外見至上主義が見えないところで働いている現代ですが、なぜ美人はパニック障害になってしまうのでしょうか?

実は容姿が原因で精神的に病んでいる女性もいる。

容姿が良いからこそ生まれるストレス原因は一体どんな時に訪れるのでしょうか?

美人はいじめの対象になりやすい

美人はモテることが多く嫉妬されやすい対象である。

例を挙げるとしたら「好きだった男子を取られてしまった」「ちやほやされて羨ましい」などが挙げられる。気に食わない美人がいるといじめたくなったり、地獄に落とし入れたくなってしまうのが人間がいることも事実。

気の強い美人であればこのような問題でも対応できる可能性があるが、メンタルが弱い美人の場合いじめを原因に病んでしまう恐れがある。

美人は恋愛経験が多いが故に傷つく

美人はモテて恋愛経験が豊富な場合が多くて羨ましい反面、恋愛で傷ついてしまうことも同時に増える。

もっというと容姿が良い人同士付き合うことも多い。イケメン男子は遊び慣れている場合が多く、浮気される確率も非常に高い。その為恋愛が原因で心が病んでしまう女性も多い。

結果的に美人は恋愛経験が多いが故に傷つく回数が多く、パニック障害のような精神病になる可能性がある。

美人はチヤホヤされすぎて心が弱い

幼い頃から容姿によってチヤホヤされていながら育ってしまった美人は、人間関係の苦労を知らずに成長してしまう。外見で許されていた部分は、大人になるにつれて徐々にわがままと分類され美人ばかりの環境だと容姿が通用しない場合もある。

怒られることに対して慣れていない場合、無意識にメンタルが折れやすくなっている。多少のストレスでも敏感に反応してしまい強く落ち込むことも。

美人は夜職で働くことで体調を崩す

容姿が良い人はその才能を生かす為に、夜職をする人も多い。しかし不規則な生活リズムにより体調を崩したり、人間関係でのストレスを感じることもある。

お客さんの揉め事、女性同士の歪みあいは容姿だけでは対応できない心の問題と直結する。

上記のことから美人だからこそ感じるストレスが原因でパニック障害になってしまう可能性があるということ。

パニック障害が美人を生み出す

美人がパニック障害になってしまう原因を推測で解説しましたが、パニック障害が美人を生み出すケースもあります。

パニック障害で低い自己肯定感を上げる為に容姿を整える

パニック障害になった人の特徴として自己肯定感が低いケースが多い。そのため他者からの承認を得る為に容姿に気を使うことがある。化粧の技術は年々進化をとげており、やり方次第で大きく自分の印象を変えることが出来る。

結果的にメイクやダイエットを頑張ったり、整形などをすることで美しさを追求する。

パニック障害で引きこもることで美白を維持

外出することが難しくなってしまうパニック障害。そのためひきこもってしまい、太陽の光を浴びなくなってしまうこともある。基本的に日光を浴びる行為は大事ですが、ひきこもることで日焼け対策をしなくても防止できたり、シミができにくくなる。

紫外線を自然に避けることで肌が綺麗になり、色白で清潔感のある美人の印象を与えることに。

パニック障害は加工技術を駆使できる

自己肯定感の低い若いパニック障害患者は、承認欲求を満たすために自撮りをSNSにアップすることも多い。

加工技術に磨きをかけることで、写真が高く評価されることが多くなることで、パニック障害は美人が多いことと結びつくのでしょう。

以上がパニック障害に美人が多い理由だと私は考えました。

パニック障害に美人が多いのまとめ

パニック障害に美人がなってしまう原因として、周りの嫉妬やいじめ、チヤホヤされた環境でメンタルが弱い、恋愛経験が豊富な分傷つく回数も多くなるということを挙げました。

またパニック障害になる性格の持ち主は自己肯定感が低いことが多く、自分を肯定する為にメイクやダイエット、整形などをして美をえようとする。また病気によりひきこもりがちにもなってしまうので、日焼け対策をしなくても色白をキープしたり、シミもできにくい。

さらに承認欲求を求めSNSで加工技術を駆使した自撮りをアップ。写真が大きく評価されもっと良いものを撮ろうとさらに可愛くなろうとする。この連鎖が起こるのではないでしょうか?

以上のことからパニック障害の女性は美人が多いと推測されます。

病み量産型女子がモテる!アイコン黒でメンヘラ精神患者の4つの魅力!こちらの記事も読まれています。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 女性特有の悩み , , ,