パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害は鍼灸院に通うと効果的!薬をやめたいあなたに朗報です!

      2017/07/12

パニック障害になり、病院に行っても体調が悪くなったら薬を増やされ続ける日々。
 
出来れば薬に頼らず治したいと思っているあなたに朗報です。
  

鍼灸院の鍼の施術は、パニック障害のような神経系疾患をもっている方に効果的です。
 
実際に何人もの人が長年苦しんでいたパニック障害の苦しみから解放されている事実もあります。
 
 
では具体的に鍼灸院はパニック障害の人によってどのような効果を発揮してくれるのでしょうか?
 
 
鍼灸院に挑戦してみようかなと思った方はそのまま記事を読み進めてください。

 

Sponsored Links
 
 

鍼灸ってどのようなことをする場所なの?

 

まずはパニック障害とはどのような病気なのでしょうか? 

 
こちらの動画を参考にしてみて下さい。
 

パニック障害の一般的な治療法はお薬を使った方法が多いです。
 
何年もお薬を使って治療をしている人もいます。
 
 
そんな中で、今薬を飲んでいる人も、薬を飲みたくない人にとっても良い治療法の一つとして鍼灸という治療法があります。


鍼灸とはどのようなことをするのでしょうか?
  

鍼の施術についてはこちらをご覧下さい。

きわめて細いステンレス製の鍼(長さ約40mm~80mm、太さ直径0.17mm~0.33mm)を経穴(ツボ)に刺入します。刺入方法は、主に管鍼法と言って円形の金属或いは合成樹脂製の筒を用いて無痛で刺入します。なお、一部では、中国で行われている方法として筒を使わずに鍼を親指と示指でつまみ刺入する方法も行われています。 
 
 
経穴(ツボ)に刺入した鍼は一定の刺激(鍼を上下したり回旋、振動させたりします。)を加え直ぐに抜く方法と10~15分間置いておく場合があります。また、刺入した鍼に、微弱な低周波パルス通電をする場合もあり痛みや筋肉のこり、血液循環の促進に効果があります。 
 

その他、刺入せずに皮膚に接触させたり押圧させたする方法もあり、小児鍼として乳幼児の夜尿症,夜泣きなどに効果があります。
なお、鍼の消毒は、現在では、オートクレーブと云う高温高圧式滅菌装置や化学的な方法で安全を期していますし、一回限りで使い捨てのディスポ鍼の急速な普及により感染症の心配は有りませんので安心です。 
 
鍼灸院に行く前には必ず医師とも相談してください。 

 
まだ鍼灸院に行ける状態ではないと判断された場合は、パニック発作が出づらくなるまで薬を使って安定させましょう。  
  


では具体的に鍼灸院に行くとどのような効果があるのでしょうか?
 
またどのような病気に効果的なのでしょうか?

  



鍼灸院の鍼の施術はどのような効果があるの?

 
鍼灸院に行くと神経系疾患の患者にっても非常に効果的と言われております。
 
 
・神経痛を抱えている人
・パニック障害が発症してしまった人
・痙攣がよく出てしまう人
・めまいがよくある人
・ヒステリックになりやすい人


 
上記の悩みが1つでも当てはまったら鍼灸院に行ってみる事をオススメします。

 
 
しかしながら、鍼灸院は施術中は身動きがとれません。

 
返って発作の不安を煽ってしまう恐れもありますので、体調が良い時に万全な体制で施術に望んでください。
 
 
またお薬をやめようと考えている方はしっかりと医師と相談しながら少しづつ断薬していく事をお勧めします。 

 

鍼灸はなぜパニック障害に適しているのでしょうか?


216018 
 
針を直接体に指すため刺激が届きやすく脊椎で痛みを制御しようとするゲートコントロール作用が起こります。

そしてツボ刺激によって痛みの感覚値があがるため痛みを感じにくくなると言われております。 

 
パニック障害を薬を使わずに治す方法は他にもありますが、体に直接影響をあたえる鍼灸は非常に効果的であると考えられてます。
 
 
僕自身の体感では、マッサージよりも接骨院、接骨院よりも鍼灸院が良いと感じました。
 
 
施術終了後のスッキリ感は人によって個人差はありますが、試してみる価値はあると思います。
 
  
いかがでしたでしょうか?
 

参考になって頂けたら幸いです。
 

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 治療の悩み ,