パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害で生あくびが多くでる人は要注意?違う病気の可能性も?

      2017/07/12

生あくびって体が発する危険信号って知ってましたか?
 
生あくびが出てしまう回数が多い人はかなりのピンチです! 
 
生あくびだからと甘くみていると命に関わる可能性もあります。

詳細が知りたい人はこのまま記事を読み進めてください。
 

Sponsored Links


普通の人でもあくびをする場合がありますが、あくびが沢山出る人はどのような危険性があるのでしょうか?
 
 

あくびはどのようにしてでるのでしょうか?


Print

まずはどうしてあくびがでるのでしょうか? 


あくびの場合の症状によっては、病気の可能性をあることを知っていますか?
 
あくびは、眠くなった時、疲れが出た時、退屈した時、それから、部屋の空気が悪くなった時などに出る事が多いようです。 
 
 
これらに共通しているのは、こういうときの脳は働きが鈍くなったり、通常の活動をしていないということです。   
 
 
これがあくびがでる原因と思われます。  
 

ここから先は想像になるのですが、たぶんあくびをするときの動作と関係があるようです。 あくびには、大きな口をあけることと、息をはき出すだけではなく強く吸い込む、ふたつの大きな特徴があります。 
  


まず、口を大きくあけることから考えてみましょう。 このとき、ふつうでは動かさないような筋肉を、思いきり動かしています。 つまり、神経を使って脳を強く刺激して、鈍くなっている脳の活動を活発にしようとしているのです。 
 
 

次に息を強くすいこむことによって、新しい酸素をたくさん血液の中に送りこみ、脳をはじめ体の全体を活性化させています。
つまり、あくびは、何かの原因で、一時的に鈍くなった脳や体に、また活動をさせる働きをしていると言えます。
 
 
 
上記のようなことが起こっている為あくびが発生致します。
 

あくびには2種類あることを知っていますか? 

 
通常時眠たくなった時のあくびと、眠くならない状態でも起こるあくびのことです。
 
 
眠くならない状態でも起こるあくびの事を生あくびと言います。
 
 
では生あくびが多く出る人はどのような事が体に起こっているのでしょうか??
 
 

パニック障害で生あくびが多いとどのような危険があるのでしょうか?

 
眠くもないのに生あくびが頻繁に出るという事は体から危険信号が出ている証拠の材料になります。
 
生あくびが多く出る人でパニック障害以外に考えられる病気がいくつかあるので紹介致します。
 

・脳梗塞
・睡眠障害
・貧血
・狭心症
・心筋梗塞
・糖尿病

 
上記の病気の可能性があります。
 
生あくびが多くでてしまう方は病院で一度検査を受けるようにした方がいいと思います。


 
生あくびに対して、専門の医療機関がないのでまずは一般的な内科に行く事をオススメします。


 
パニック障害で生あくびが何度も出てしまう方は、自律神経の乱れがある場合あります。
 
自律神経を整えるようストレスを減らしながらライフスタイルを送る必要があります。 
 
 

あくびが多くでている人の改善方法とは?

 
あくびが多く出てしまう人は、違う病気の可能性があるという事が分かりました。 

どうしたら改善していくのでしょうか?
 
・まずは唇を舌で舐める
・鼻呼吸をする
・顔のどこかをつねる
 
 
上記は一般的なあくびの止め方です。
 
 
しかし自律神経の乱れからくるあくびはまた違う方法を試さなければいけません。
 
 
例えば自律神経の乱れで上手く眠れなくなっている人に「良質の睡眠を」という話をしてもなかなか実践できない。そういった場合は他の「呼吸」や「運動」など、出来そうなものを少しずつ試していってほしい。自律神経の乱れは一朝一夕で改善するのは難しい。 


また、大前提として大切な言葉を一つ忘れないで覚えて欲しい。それは「いまを味わう」という言葉だ。自律神経は基本的には生活上の心がけを直すことで整えることができる。そしてそうはわかっていてもなかなか直せない行動習慣に対してアプローチするのに、「いまを味わう」というキーワードが大事な意味を持ってくるのだ。 

上記の事が重要になってきます。
 
 
まずは自律神経を整えなければいけません。 
 
一番の重要ポイントは睡眠です!
 
なかなか寝れない人はこちらの動画をご覧下さい


 
精神科の先生が教える、良質な睡眠の取り方です。
 
参考にしてみるとよいと思います!
 
 
いかがでしたでしょうか? 

 
生あくびが沢山出る人は、さまざまな病気の可能性があるということ。
 
そして生あくびは自律神経が大きく関わっているということ。
 
自律神経を正すには、睡眠が不可欠ということ。
 
 
これらを理解しておくだけで、症状が改善していくのではないかと考えられております。
 
 
是非皆様のお役に立てたら幸いです。
 
 

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 症状の悩み ,