パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害かと思った20%の人は狭心症!?胸がしめつけられたら警告!!

      2017/07/12

パニック障害と診断されたのに20%の確率で狭心症の可能性もあります。

 
パニック障害の症状でも心臓が締め付けれたり、バクバクしたりする事があるので間違われやすいのです。
 
 
胸をしめつけられている経験があった方は要注意。
 
 
今すぐそのまま記事を読み進めてください。
 

 
 

Sponsored Links
 
 

パニック障害と似ている狭心症ってどんな病気?


354339
   
パニック障害と狭心症は似ている症状があります。

パニック障害だと思ったら実は狭心症の可能性もありますので注意下さい。

 
あなたはこんな経験はありませんか??
 
 
心臓がどどっと飛び出そうな勢いになった。
 
心臓を鷲掴みされるような感覚になった。
 
心臓の動悸が苦しいと感じるようになった。
 
 
一つでも当てはまったら要注意です。
 
  

では狭心症とはどのような病気なのでしょうか?? 
 
 
 
 
 

 
狭心症は発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。  
 

 発作の起こり方、原因などにより分類されます。 
 
 
一般的には、「労作(ろうさ)(性(せい))狭心症」か「安静(あんせい)狭心症」、「器質型(きしつがた)(血管の強い狭窄(きょうさく)によって起こる)狭心症」か「異型(いけい)狭心症」、「安定(あんてい)狭心症」か「不安定(ふあんてい)狭心症」のように分けられます。
 
 
以上が狭心症になったら起こる症状になります。


代表的な症状としては、胸が締め付けられたり、胸の奥が痛かったり、胸が押さえつけられるような感じがします。
 

痛みの具合によっては、冷え汗が出ることもあります。
 

これらの症状がパニック障害のパニック発作の時にも起こる事から狭心症と間違われやすいです。
 
 
まずはしっかり医師の診察を受けて、自分の状態や病名を把握しましょう。
 
 

パニック障害と間違われやすい狭心症になりやすい原因とは??

 
狭心症はどのような時になりやすいのでしょうか??
 
・高血圧である
・胸の痛みが続く
・間食が多い
・糖尿病を経験している
 
 
このようなことをしている狭心症になってしまうリスクが高くなります、
 
またパニック障害と狭心症両方に共通する原因はこちらです。
  

・運動をあまりしていない
・飲酒をよくする
・ストレスをよく矯めやすい
・睡眠時間が少ない

  
 
現在パニック障害や狭心症を抱えている人はこれらのことを意識して、なんで病気になってしまったのか原因を追求する必要性があります。
 
 

パニック障害と間違われやすい狭心症対策方法とは??

 
狭心症を改善するには、どんなことをすればいいのか?
 
・水をしっかり飲む
・肉を控えて魚を多めにとる
・寝る前にお風呂に入る
・トマトジュースを飲む

 
些細なことなのですが、次の事をしっかり守るだけで改善の傾向になっていきます。
 
 
夏が来ると水分補給を意識し出す人が出てきますが、ほとんどの方が水を飲むタイミングが遅れている事が分かっています。

なぜなら喉が渇いたと感じた時には既に手遅れだからです。 
 


そのため1時間1回の頻度で水を飲むのがおすすめで、これをしないと狭心症の前兆チェックに該当するので、ペットボトルを持って生活して症状を防ぎましょう。

またトマトジュースはコレステロールを排出して高血圧を改善します。 
 


肉はレバーやささみは体に悪くはないので問題ありませんが、油っぽい豚バラなどは狭心症の症状に良くないので、避けた方が良いでしょう。 
 


日頃から肉ばかり食べている人は野菜にも意識を向けましょう。 
 


狭心症の前兆チェックに該当する肥満や高血圧に有効な方法は足湯で、お風呂の残り湯に足を10分付けると良いので、寝る1時間前にすると健康的になれます。
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
 
以上が狭心症を改善する方法になってきます。
  
 
辛くても狭心症やパニック障害は治す事が出来ます。
 

しっかりと自分の食事管理や生活習慣に気おつけ、運動で内面から健康的になっていきましょう。
 


パニック障害で併発!気分障害になり社会復帰できず退職!後悔している人いる?

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事も人気になっております。

合わせてお読みする事をオススメします!


 
いかがでしたでしょうか?

 

皆さんのお役立てたら幸いです。
 
 

おすすめアマゾンリスト!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 病気併発の悩み, 症状の悩み ,