パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害の患者は80%の確率で睡眠障害の可能性も!? 

      2017/07/12

パニック障害になって寝れないあなたは睡眠障害になっている恐れもあります。
 
寝付きが悪いが悪くていつも、早朝まで起きてしまうあなたは危険信号です。
 
睡眠は疲れた脳をしっかりと休ませる為の手段としてもっとも効果があるものです!
 
現在パニック障害を抱えていて、眠れないあなたはそのまま記事を読み進めてください。 

不安になる気持ちは分かります。 

しかし安心してください!
 
自分自身もパニック障害を経験し、全然寝れない日が続きましたが現在は睡眠薬を使わずしっかりと良質な睡眠がとれるようになりました。

 
 

Sponsored Links
 
 
 

パニック障害のあなたに送る!不眠度チェック!

147737 

まずは今の自分の不眠の具合をチェックしましょう。 

1.寝つき(布団に入ってから眠るまでに要する時間)は?

・いつもより寝つきはよい
・いつもより少し時間がかかった
★いつもよりかなり時間がかかった
★いつもより非常に時間がかかったか、全く眠れなかった
 
2.夜間、睡眠途中に目が覚めることは?
・問題になるほどではなかった
・少し困ることがあった
★かなり困っている
★深刻な状態か、全く眠れなかった


3.希望する起床時間より早く目覚め、それ以上眠れなかったか?
・そのようなことはなかった
・少し早かった
★かなり早かった
★非常に早かったか、全く眠れなかった
 
 
4.全体的な睡眠の質は?
・満足している
・少し不満
★かなり不満
★非常に不満か、全く眠れなかった
 
 
5.総睡眠時間は?
・十分である
・少し足りない
★かなり足りない
★全く足りないか、全く眠れなかった
 
6.日中の気分は?
・いつも通り
・少しめいった
★かなりめいった
★非常にめいった
 
7.日中の活動について(身体的及び精神的)は?
・いつも通り
・少し低下
★かなり低下
★非常に低下
 
8.日中の眠気については?
・少くない
・少しある
★かなりある
★激しい
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
★の数が多い人ほど、睡眠障害の可能性があります!

睡眠障害とはどのような病気なのでしょうか?

  
睡眠障害と聞くと、夜の寝付きが悪いというだけと思っているあなたはいませんか?
 
しかし様々な症状をもたらす可能性があることを知ってますか? 

それがこちらです。

睡眠障害とはどのような病気なのでしょうか? 

夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。

日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

また、男性よりも女性に多いといわれています。 

上記の事が繰り返されると睡眠障害と認定されます。
 
 
とくにパニック障害を抱えている人も非常になりやすい病気なので、注意してください。
 

では睡眠障害の人はどのような対処方法があるのでしょうか? 
 


 

誰でも今すぐ出来る睡眠障害の非常識な治し方とは?

睡眠障害を打破するにはどのような方法があるのでしょうか?
 
誰でも簡単に今日から実践できる方法をレクチャーしていきたいと思います。
 
・飲酒をしないこと
・起床時間にこだわりすぎない事
・眠剤を使う
・規則正しい時間で生活リズムを壊さない事
・同じ時間に毎日起床すること
・眠りが浅い場合は無理せず、遅寝で早起き
・カフェインをあまりとらない
 
 
上記をしっかり意識して、行うことにより睡眠障害は大幅に改善される可能性があります!
 
 
一番大事なことは、寝なきゃいけないという固定概念に縛られない事です!  

寝なきゃいけないという悪循環が生まれると、眠れなくなる確率が非常に高いです。
 
 
だからこそ「人間寝なくても生きていける」
という思考が必要なのです!
 

寝なくても大丈夫と思考することによって、リラックス効果が生まれ安心して眠れる事が出来ました。
 
 
どうしても出来ない場合は、医師に相談した上で睡眠薬を使う事をオススメします。
 
いかがでしたでしょうか? 
 
皆様のお役に少しでも立てたら幸いです。


 

おすすめアマゾンリスト!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 環境の悩み , , ,