パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害に効果的!怒りとイライラを気にしない強いメンタルの作り方!

      2017/07/12

自分は大丈夫と思う人ほど要注意!パニック障害にも効果的なストレスに対する考え方とは!?
 
怒りとイライラを気にしない強いメンタルの作り方とはどんなものなのでしょうか?
 
ストレス社会と言われている日本。
 
あなたを含めほとんどの方が、日々ストレスを感じていることでしょう!
 
「ストレス解消はほとんど意味がない」

そんな言葉飛び交ったことも!
 
果たしてその真意とは?



Sponsored Links



パニック障害の人必見!ストレスのメカニズムとは?

431059

パニック障害のあなたも、現在健康なあなたも必見!
 
ストレスが起こるメカニズムとは?
 
体の中でどんなことが起こっているのでしょうか?

 ストレス理論では、ストレスの原因を「ストレッサー」、それによって引き起こされる体の反応を「ストレス反応」と定義します。一般的に使われるストレスという言葉では、精神面のことを中心に考えられていますが、暑さや寒さ、騒音、化学物質などさまざまなものがストレッサーとなります。 
 
 
ストレスを風船で考えてみると、膨らんだ風船を指で押す力がストレッサー、大きさを戻そうとする圧力がストレス反応です。もしも、指で風船を押す力が大きすぎるとどうなるでしょうか。風船は破裂して元に戻れなくなってしまいます。ストレスによる症状が現れたとき、体は過剰な刺激に反応しきれなくなっているということです。 
 
 
 具体的に体内でストレス反応を制御しているのは、コルチゾールやアドレナリンという副腎皮質ホルモンです。それらのホルモンが血液中に分泌されると、心拍数や血圧が上昇し、血糖値が高まるため、体全体にエネルギーが供給されることで活動的になります。 
 
 
一方で、胃腸の働きが悪くなり、免疫細胞の働きを低下させます。ストレス反応では、消化機能や免疫力などを犠牲に一時的に体の活動力を限界まで高めていると考えることができます。しかし、体には強い負荷がかかっていますから、ストレス過剰の状態が続けば、疲弊した体は力を出せなくなってしまいます。 
 
このような事が体に起こっていることでストレスを感じているという感覚になるのです。
 
ストレスに自分は強い!!

自分は大丈夫!!そんな感情を感じている方もいます!
 

しかしそれは間違いという意見も。
 

仕事も、恋愛も、健康もうまくいっている。
 

そんな人ほど、本人には分からないストレスを感じている場合があります。
 
本人がストレスを感じていないのに、血中濃度が高い人がいます!

これが一番怖いストレスの正体なのです!


「暇だから」が原因!?ストレスに弱い現代人とは?

現代人はストレスに弱いという言葉をよく聞きませんか?
 
その原因は「時間に余裕がある」ということが多いようです。
 
現代人は忙しいとはいえ、昔に比べたらかなり楽で便利な生活になっているはずです。
 
電化製品の発達で、お風呂や洗濯や料理がボタン一つで全て自動に出来てしまう時代です。
 
さらにインターネットの発達やソーシャルメディアなどの発達によって、身近な人や他人と比較する機会が増えました。
  

だからこそ、時間を持て余してしまったり、余分なことを考えたり、他人の事に対してストレスを抱えやすいという事!
 

ストレスを抱えやすい環境が整ってきてしまったのは間違いありません。
 

パニック障害の患者さんもそうなのですが、暇を持てあましてませんか?
 
「パニック障害になる」

「今まで出来た事が出来なくなる」

「どうでもよくなり、やる気が失われる」

「なにもやりたくなくなる」

「そうすることで、やる事がない」

「暇を持て余す」

「マイナスの思考パターンが生まれる」

このような思考になりやすいです。
 
だからこそ、なにか趣味や熱中できる事を見つけた方がいいのです。
 

あなたが本当にやりたいことはなんですか?
 

 

パニック障害にも効くストレスを軽減させるコツとは?

ストレスの軽減させるコツ!
 
いろいろあるのですが、自分の思考の癖をしっかり知る事が大事です。
 
どんな優秀な人でも失敗することはあります。
 

「誰にでも失敗はある」

 
そのような思考パターンが重要になってきます。
 
難しい仕事や、新しい環境、そしてパニック障害を治すということに対して、最初から敬遠する人もいることでしょう!
 
 
やはり失敗したら怖いという思考パターンの癖があるからです。 

 
失敗が怖いというのは、失敗を失敗のままで終わらせているからです。
 
その原因をしっかりと追求し、改善してまたチャレンジすることができたら、今度は成功へと繋げる事ができるでしょう!
 

成功するまでやれば、途中の失敗は失敗ではなくなり、成功への過程へと変化します。
 
 
「挑戦したら失敗するものだ」


と思うことで、ストレスを軽減されていくことでしょう!
 
 
間違っても


「自分だけがうまくいかず失敗している」

なんて思考はしないでください。
 
 
今うまくいってそうな人でも、失敗している人は多いです。
 

苦しいのは自分だけではないと知る事で、少しは気が楽になるのではないでしょうか?
 

いかがでしたでしょうか?
 
ストレスに対する考え方が、少しでも良くなったら幸いです。 

 
あなたがパニック障害を改善出来る事を心から願っております!

 
 

パニック障害の病院は何科?!医者に殺されない病院の選び方!
  

 
この記事を読んだ方はこちらの記事を読まれている方が多いです。

合わせてお読みすることをオススメします。


 

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - ストレスの悩み, 考え方の悩み , , , , ,