パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害は仮病なの?言い訳の仕方では詐病の可能性も!?

      2017/07/12

パニック障害は仮病を使っているのか?
と思われてしまう周りの方は多いようです。
 

実際どうなのでしょうか?
 
 
現在パニック障害を抱えている人が周りにいる場合このような疑いを持っていませんか?
 

仮病を使っているのではないのか?

甘えているだけではないのか?

働きたくないだけなのではないか?
 

一つでも当てはまった方はこのまま記事をお読み下さい。
 

仮病より恐ろしい詐病の場合もあります!

 
 

Sponsored Links



パニック障害は仮病なの?どのような症状なの?

428410
パニック障害は仮病なのでしょうか?

まずはパニック障害はどのような病気なのか把握する必要があります。

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。 
 

 この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。 
 

 初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。 
 

 パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。
  
 

上記がパニック障害の説明になります。 



パニック障害は仮病や気の持ちようで起こる病気ではなく、脳の異常から起こる病気なのです。
 
周りの人からみたら、仮病を使ってなまけているように見えるかもしれません。
  
 

しかしパニック障害になる人の特徴として



責任感がある人
神経質な人
真面目な人
物事をはっきり言えない人

 


このような人達がなりやすい病気なのです。

基本的に頑張り屋さんが多いのです。



なので周りの人は理解を深めて貰えて頂けたら幸いです。




パニック障害は仮病ではなく脳の病気!?言い訳の仕方で分かる恐ろしい詐病とは!!

431059

パニック障害は仮病ではなく脳の異常が原因だということが分かりました。

パニック障害をきっかけに甘えすぎてしまう方も確かにいます。

 

そこは周りの人の見極めが必要になってきます。
 
 

とくに仮病より怖い詐病には気をつけてください。
 
 
詐病とは一体どんな行為をすることなのでしょうか? 

 

詐病をする場合には、症状が曖昧であることが多いようです。 
 
頭痛・目眩・腹痛・抑うつ症状や不安感などが多く、曖昧だったり大袈裟過ぎて、何の病気なのかを診断し難いのです。
しかし、詐病に見えても、虚偽性をはっきりとさせにくいということがあります。
 

実際には病気でないために、違和感を感じさせる言動というのは、大抵出てくるものです。診察を始めて直ぐにはわからなくても、徐々に不自然さが出てきます。
 

・薬が欲しい、金銭的利益を得る、刑罰を軽減させるなどの明確な目的がある
・病気を治したいというよりも、診断書をもらうことが目的のような言動
・「分からない」などの曖昧な答えが多い
・病気に関する専門用語が多く出る
・症状が大袈裟で、矛盾を感じる
・検査を嫌がったり誤魔化したり、軽い自傷行為などがある
・過去に疑わしい病歴がある


詐病は、病気ではないのに病気を理由に金銭的要求を友人や国などに求める人達をいいます。


しっかりと見極めましょう!
 

少し様子がおかしいと思ったら、その人の状況をしっかり把握してきましょう!
 

パニック障害の仮病を見破る方法!!

358706
パニック障害の仮病を見破るにはどのようにしたらいいのでしょうか?
 
 


周りの身内に確認をとる

もし精神病かどうか疑いをもっている場合は、身内にしっかりと状況を聞いてみる事をオススメします。
 
自分が知らない家での過ごし方や、プライベートの過ごし方を把握することで、症状がどれくらい悪化しているか分かる可能性があります。 

 
 


精神科に一緒について状況を把握する

精神科に一緒についていき、どれくらい通っているか、薬はどんなものを使っているかしっかりと確認する必要があります。

 
 


体調が悪い状態時の体の状況をみる

体調の悪さを訴える時は、様々な症状が出てきます。

落ち着きがなくなったり、手足が冷たくなり冷え汗が出たり、顔が真っ青になったり、動悸がしている事が多いです。

 
 


薬をしっかり飲んでいるか確認する

パニック発作は薬を飲めば10分から30分でおさまる病気です。

実際発作が起きて救急車を呼んだとしても、病院に着く頃には治っているという場合が多いです。


なので薬をしっかり飲んでいるか確認しておく必要があります。
  

 

 

いかがでしたでしょうか?

周りの人達も見極めが必要です。


少しでもお役に立てたら幸いです!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 周りの人達の悩み , , ,