パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害になった時、飛行機に乗る時の準備は?対策方法は?

      2017/07/12

パニック障害になった時、飛行機に
乗る時の準備は?対策方法は?


パニック障害になると飛行機を怖がって
しまう傾向がありますがどうすれば改善
されていくのでしょうか?
 
 
飛行機恐怖からくる恐怖心をなくす為の
準備について書いていきたいと思います。

 

Sponsored Links


準備をする事により、不安感が少しでも
おさまる事ができれば、楽しく飛行機の中でも
時間を過ごす事ができるようになってくると
思います。 
 

パニック障害になったら飛行機に乗るときの対策とは?

ryokaku_hikouki
 
パニック障害になったら飛行機に乗るときの対策
はいくつがあります。 

 
まずは飛行機というものがどのようなものという
ことを知る事が必要になってくると思います。 

 
飛行機について教育してくれる機会が少ない為
不安や恐怖心が出てくるものです。 
 
 
飛行機が飛ぶ仕組みや、飛行機は非常に安全な
乗り物という事を認知する必要性があります。 
 

離陸時の揺れが起こる事や、雲の間を通る時の
揺れ、閉鎖的空間ですが、設備が整っている点
を知っておけば少しは恐怖心や、危機感が収まって
くるのではないでしょうか?  
 
 
また統計上ですが、飛行機事故で死ぬ人が年間
で考えると非常に少ない数値を出しているという
事が明らかになっている。 
 
 
逆に車での事故死の方が多いということ。
 
 
こうゆう状況を知る事で、陸を移動するより、
空中を移動した方が、安全に移動できるという
事が分かります。 
 
 
空中には障害物があまりないという事を知って
おくといいですね。 

 
風で大きく揺れる事はありますが、墜落する事は
滅多にないということ。
 
 

もし、飛行機恐怖症の人が、操縦室の中で、機長の表情を見ることができれば、飛行は恐ろしくないと分かる。また通常の乱気流に遭遇しても何でもないと分かる。現実には、機長の表情を見ることはできないが、客室乗務員の表情を見ることはできる。映画「デイ・アフター・トゥモロー」では、この方法が勧められている。なお、小さい子どもは、本能に基づいて、いろいろな物事に恐怖を憶えるが、親の反応を見て、それを取り込んで、次第に恐怖を憶えなくなる。
 

 
 

このような事を述べている記事もあります。 
 

パニック障害の発作も怖いですが、まずは
飛行機は安全な乗り物であるということを
認識する必要があります。
 


飛行機に乗るときの準備とは?

 
 
飛行機に乗るときの対策として、飛行機はとても
安全な乗り物と認知する事が重要だと伝えてきました。 
 
 
パニック障害の患者さんがもし飛行機に乗る時に
準備しなければならないものはあるのでしょうか?
 
 

・頓服である薬の所持

・飲み物(水が良い)

・信頼ある友人

・音楽プレイヤー



電車の時と同様、意識をそらせれるものを
用意しておく事がよいと思います。 
 
 
中には眠剤を用意して、飛行機で移動中は
寝て過ごすという方もいます。 



時簡に余裕をもって精神を整える準備を
したり、水分をしっかり摂取し血流を
良くする事も効果的でしょう。 
 
 
しかしアルコールを体内に取り入れるという
行為は、薬の副作用を強く出してしまったり
するので、気おつけてください。 

 
不安や恐怖は情報不足であったり、無知から
きている場合があります。
 
 
飛行機の安全性を理解することや、パニック発作が
あっても薬の効力を使えばすぐに治るという事を
しっかりインプットしていくと良いです。 
 
 
準備整った段階で飛行機にチャレンジしてみましょう。
ただここで無理は禁物です。
 
 
いきなり、3時間以上のフライトは精神的にも、体力的にも
不可がかかると思います。

 
 
まずはフライト時間1時間程度の短距離
からスタートすることをオススメします。 

 
一度恐怖を覚えてしまうと、また再発する
恐れがありますので。ここは慎重にいってください。 
 

パニック障害を克服して、飛行機に乗れるように
なった方は沢山います。 

 
必ず出来ると信じてください。
 
 

飛行機に乗っている時のリラクゼーション方法

 
 
飛行機に乗っている時にできるリラクゼーションを紹介します!

フライト中の疲れを和らげるリラクゼーション・エクササイズ
楽な姿勢でシートに座り、お腹の上に両手を軽く乗せて、鼻からゆっくり深く息を吸い込みます。口と鼻から息を吐き出すとき、お腹が膨らむのを意識してください。この意識的呼吸法は、より多くの酸素と新しいエネルギーを取り入れることで、体に良い効果を与えます。
 

目の疲れを取るには
楽な姿勢で座り、両手をこすり合わせて手のひらを温めてから目を閉じ、両手で覆って光を遮ります。深呼吸をしながら楽しい情景を思い浮かべます。3分後には新鮮な力が漲ってきます。
 

お顔のマッサージ
指先でそっと額をたたき皮膚に軽い圧力を加えます。その他の顔の部分もゆっくりたたいてリラックス効果を味わってください。
 

足のリラクゼーション
ご搭乗後席に落ち着いたら、すぐに靴を脱ぐことをお勧めします。高度が高くなると足がむくみ、きつい靴が足を傷めることがあります。
 

足のマッサージを行うときは、片方の足前面を自分の座席の上に乗せ、指を1つづつ動かしてみます。それから両手の親指を足の裏へ当て、ゆっくり外側へ、また足首から上方へ伸ばすように全体をマッサージします。他の足も同じようにしてそのリラックス効果を感じてください。
 

 
 
これらをマスターすることによって安全な
飛行機ライフを楽しめるようになってくると
思います。 
 
 
準備プラスリラクゼーションの組み合わせで
少しづつ挑戦できる距離を伸ばして行きましょう!!
 


おすすめアマゾンリスト!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 未分類 , ,