パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害で整体は効果があるの?整体を受けるにあたっての注意点とは!

      2017/07/12

パニック障害で整体は効果があるの?整体を受けるにあたっての注意点とは!
 
パニック障害になって整体は良いという事を聞いた事があるのですが、本当の所はどうでしょうか?
 
少しでも疑問になっている方がいましたら記事を読んでください。
 
 
 

Sponsored Links



整体をする事によってパニック障害が完全完治できるとは言い切れませんが、効果はあると感じました。
 
 
今回は自分の体験を踏まえて説明したいと思います。
 
 

パニック障害で整体の効果はどれくらいあるの?

 
パニック障害で整体は効果はありました。  

 
そもそも整体とはどのような事をやっているのでしょうか?
 
 
整体は、脊椎や骨盤、肩甲骨、四肢、顎などの関節の歪みやズレの矯正をし、骨格筋のバランスを調整するなどして、体幹から四肢へ脈絡の流れを良くして、脈絡を改善し様々な症状の改善を期待する健康法と呼ばれています。 
 

施術方法は、一般的に手足を主に使用し、まれに補助として道具を使うこともありますが、このような方法で整体施術をします。
 
 
整体にはいろんな手法があるようですが、歪みを矯正することは一緒です。
  

パニック障害で整体で得られる効果は?

 
216021
 
整体で得られる効果はどんなことでしょうか?
整体の効果を得たいという方は是非ご覧下さい。
 


・体の歪みがとれる

・自然治癒力が上がる

・体の体温が上昇する

・代謝がよくなる

・脂肪の燃焼がよくなる

 
 
これらの事が改善されます。
 
 
パニック障害になると自律神経のバランスの崩れや、ストレスからきてしまう体の歪みが原因でさまざまな症状が出てしまいます。
 

筋肉が緊張し硬直してしまうと、血液の流れが悪くなってしまったり、リンパの流れも悪くなったりします。
 
 
これによって神経を圧迫してしまう恐れがあります。
 
 
 
 
整体によって、不安や恐怖からくる緊張で固まってしまった筋肉をほぐしてくれたり、曲がってしまった首や背骨を矯正してもらうことにより体調が改善される場合もあります。
 
 

またストレス解消やリラックス効果もあります。
腕のいい整体師ですと、一度の施術で体感できる爽快感やスッキリが大きく得られると思います。 
 

個人差はあると思いますが、実際整体を受けたあとと受けないのでは、体調の変化はありました。
 
  

パニック障害で整体を受けるにあっての注意点は?

 
パニック障害になった時に、整体を受けるにあっていくつか注意しなければならない点があります。
 
 

・医師の先生に整体を受けてもいいか相談する

・整体の先生にも自分がパニック障害という事を伝える

 
 
上記2つの事を気おつけた方がよいです。
 
 
医師の先生に整体を受けてもいいか相談する

パニック障害はお医者さんと一緒になって治していく病気です。
薬の調整をしたり、アドバイスを頂いたり常に二人三脚です。
 
 
だからこそ、新しい行動をする時は必ずお医者さんに確認をとるようにしたほうが安全な場合があります。
 
 
整体中は身動きがとれません。
逆に発作への不安や恐怖を煽ってしまう恐れがあります。
 
 
整体に行った事により発作が出てしまい、さらに恐怖心を植え付けてしまうという恐れもあります。
 
 
外出する時もそうなのですが、しっかり医師の指示に従って少しづつステップアップしていきましょう。
 
 
なかには、自宅まで来てくれるような整体師の方もいます。
 
 
便利なサービスも活用してみると良いです。

 
 
整体の先生にも自分がパニック障害という事を伝える
 
整体の先生にもしっかり自分がパニック障害という事を先に伝えておくと気持ちが軽くなります。
 
 
整体中発作がでたらどうしよう。 


 
そんな感情を持ちつつ整体を受けてしまっては、リラックス出来る事でも緊張感の方が上回ってしまいます。
 
 
なにか起きてしまったら途中、整体を止めてもらっても大丈夫という安心感を確保してください。
 
 
また施術内容やツボ押しの強さによっては、さらに恐怖心を煽ってしまう可能性がありますので、整体師さんとしっかりコミュニケーションをとっておきましょう。
 
  
 
これらの注意点を意識して整体を受けて頂ければ、緊張感もなく、心地よく整体ができれば効果はあると思います。
 
 
 
パニック障害になっている人は常に不安感に追われて筋肉が硬直しております。
とくに肩こりも強くでてます。
 
 
整体によって、肩こりがなくなれば、頭痛も改善する可能性も十分あります。


 

おすすめアマゾンリスト!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 未分類