パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害は寿命を縮めるの?早死にしやすい3つのポイント!

      2017/09/06

パニック障害は亡くなってしまう病気ではないことは調べていけば分かります。

しかしパニック障害は寿命を縮めてしまうという噂があります。

一体どんなことが原因でこのような意見が出てしまうのでしょうか?

Sponsored Links

パニック障害は寿命を縮めるの?その原因は?

511196
パニック障害は寿命を縮めてしまうのでしょうか?

そう言われてしまう原因はどのような点でしょうか?

食べ過ぎてしまう

パニック障害になってしまうと自暴自棄になってしまい、暴飲暴食になってしまう恐れがあります。

その結果早死にしてしまう傾向がある場合があります。

孤独になってしまう

パニック障害になって、人とのコミュニケーションを遮断してしまうと、孤独になってしまい早死にしてしまう可能性があります。

真面目になりすぎてしまう

真面目になりやすい性格の人は、物事を深く考えすぎてしまったり、レッテル張りの思考ガある為、〜でなければいけないという状態になっている場合があります。

ですので真面目過ぎは早死にの原因になってしまう恐れがあります。

笑う事が少ない

感情の喜怒哀楽がない場合は、脳によくありません。

冷静で落ち着いているのことは一見大人に見えてよいと思うのですが、喜怒哀楽があったほうが人間らしくて早死にする確立は低くなるそうです。


パニック障害は寿命を縮めるの?どうすればいいの?

679538
パニック障害になってしまう性格の人は寿命が短くなってしまう恐れがあるという事が分かりました。

ではどうすればいいのでしょうか?

楽観的思考を身につける

深く考えすぎず楽観的な思考を身につけることが大事です。

パニック障害を経験することで、辛い思いをしたはずですので、小さなことでも感動や感謝を覚える事を忘れない事です。

毎日運動をする

毎日運動することでリラックス効果があります。

しかし激しい運動は逆効果になってしまうので、気をつけてください。

社交的で明るく振る舞う

コミュニケーションをよくとっている人は、ストレスの発散方法や気の紛らわせ方が得意です。

明るい人は多く笑顔になる場合が多い場合があります。

ストレスをきちんと発散する

ストレスをきちんと発散出来る人は、その日のストレスをすぐに発散できるように趣味や、発散場所がある場合が多いです。

きちんとストレス発散はしていきましょう。

パニック障害は寿命を縮めるわけではない!

465662
パニック障害自体が寿命を縮める原因になっているわけではなく、パニック障害になりやすい人の性格が早死にしやすい考え方なのだと感じております。

病気を早期完治しストレスを解消し、小さな幸せを感じられるように思考を変えていきましょう。

暴飲暴食、アルコールの飲み過ぎ、不規則な生活習慣、運動不足これらは、寿命を縮めてしまう原因になります。

しっかりとした生活を心がけるようにしましょう!

いかがでしたでしょうか?

少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 治療の悩み, 環境の悩み , ,