パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害の人がなりやすいEDって本当??

      2017/07/12

パニック障害でED(Erectile Dysfunction)勃起障害になる方が多いそうです!

男性にとってEDは深刻な問題になってきます。

精神的不安を抱えている方は、EDを抱えている事が多いそうです。
 

もしかしたらあなたの彼や、息子さんもEDになる可能性があるかもしれません。
 
現在パニック障害の方で悩んでいる方も、性の事に関してしっかりと向き合っていきましょう!

 

Sponsored Links



パニック障害の人が抱えている可能性があるEDって何?

457441

パニック障害の人も抱えている事が多いEDって何? 

「性欲や興奮はあっても、なかなか立たない」「最初は立つけど、持続ができない」「挿入できても途中で抜けて【萎えて】しまう」など、ED の症状は人によってさまざまです。これらの結果、性的能力に自信がもてず、性生活に億劫になってしまう人も多く見られます。

通常、性的な刺激を受けると、脳による興奮が神経を通して陰茎に伝わります。すると陰茎海綿体の動脈が拡張し、十分な血液が流れ込むことで大きく膨らむのが、いわゆる勃起という現象です。 
 

しかし、神経や血管に何らかの問題があり、海綿体に十分な血液が送り込まれないと、満足のいく勃起が得られず、ED 症状につながります。

もちろん全ての人に当てはまるということではありませんが、精神的ダメージが高い人ほど、EDになりやすいというデーターがあります。
 




EDの原因とパニック障害の関係性は?!


イラスト縦
パニック障害の人はなぜEDになる確率が高くなるのでしょうか?

血流の流れが悪くなる

仮に病気でなかったとしても、男性は30才を過ぎると血流の流れが悪くなる可能性があります。 

血管は次第に老化していき、なかなか立ちづらくなってしまう場合もあります。

とくにパニック障害の方の場合、血流の流れが悪い場合があります。

男性ホルモンの減少

男性ホルモンが低下すると、勃起力であったり持続力が損なわれる可能性があります。

パニック障害の方でありがちなのが、バランスのとれた食事が出来てない場合があります。

食事も男性ホルモンを活性化させる為の要素の一つなので、非常に重要な役割を果たしております。

精神的なストレス

EDと自律神経は密接な関係性をもっております。

自律神経が乱れていると、勃起がなかなかできない状態にあります。 

パニック障害の人は、自分自身で自律神経をなかなかコントロール出来ないことが多いです。

パニック障害の人がEDを改善するには?

444320

生活習慣の改善

お酒、タバコ、寝る時間に気をつけるなどを注意する事で生活習慣は変わってきます。

何事も適度に楽しみましょう!

精神的なストレスを軽減させる

基本的にはストレスは毒です!

その日のストレスは、その日のうちに!

よく寝る事も良いですし、趣味に費やすことでも有効的でしょう!

食事を変える

しっかりと良質なタンパク質を取る事や、精力を強化するようなサプリメントを飲むといいでしょう。

日本製で安全なものがオススメです。

自律神経を整える

軽い運動も効果的です。

自律神経の乱れを改善する有名な運動手法でリズム運動があります・

一定のリズムの運動の事ですね!


ジョギング、ウォーキング、なわとび、サイクリングなどが良いでしょう!


いかがでしたでしょうか?


まとめますとこちらです!
 

勃起力が低下したり、EDに陥る原因は2つです。

精神的な問題と器官の機能低下!!

医学的に言うと、
精神的な問題=心因性ED
器官の機能低下=器質性ED

生活習慣、加齢(老化)、性行為のトラウマ、ストレスが、持病、パートナー、食生活、自慰行為、アルコール、タバコ、メタボ…

これら世の中に出回っている「勃起力が低下する」「EDになってしまう」原因というのは全て精神的な問題と器官の機能低下のどちらかに辿り着くきます。

 
しっかり理解し、正しい改善方法を行いパニック障害の人でもEDにならないように心がけましょう!


いかがでしたでしょうか?

みなさんのお役に少しでも立てたら幸いです!

おすすめアマゾンリスト!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 病気併発の悩み, 症状の悩み , , , ,