パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害を克服する期間はどれくらい?50%以上の患者が治らない理由は?

      2017/07/12

パニック障害に治る病気です!
 
何故パニック障害が治りやすい人と、治りにくい人がいるのでしょうか? 
 
もしあなたがパニック障害に悩んでいる場合は、パニック障害の事を忘れて思考パターンを切り替える必要性があります。
 
 
パニック障害から解放されて、有意義で毎日幸せな生活を送りたい人はこのまま記事を読み進めてください。

 
 

Sponsored Links

 
 

パニック障害を克服したい!まずは自分の病気の事を知ろう!


118165


パニック障害と医師から診断されたがどうすればいいのか?
 
まずは自分がパニック障害ということを受け入れるということが大事です。
 

自分が拒絶をしていると、治療期間もどんどん長くなってきます。
 
 
パニック障害では、思いがけないときに突然、動悸や息切れ、強い不安を伴うパニック発作が生じます。 
 

そしてパニック発作が繰り返されるうちに、発作に襲われることに対する予期不安や発作が生じる状況に対する広場恐怖を感じるようになり、毎日の生活に支障をきたすようになってしまいます。 

 
治療が不十分で病気が進行してしまうと、うつ病やうつ状態になるおそれもあります。 
 
  


パニック障害の症状 パニック発作 → 予期不安 → 広場恐怖 → うつ病・うつ状態 
 
 

このような不安や恐怖は、「考えすぎ」や「心配性」など気持ちのもち方や性格の問題と思われてしまいがちです。 
 
 

しかし、パニック障害は脳の働きが普段のときとは変化しているために、医学的な治療が必要な状態であることが最近の研究でわかっています。
 
 
 
パニック障害は100人に1人はかかるといわれており、だれでもかかるおそれのある病気なのです。
 
  
いかがでしたでしょうか? 

 
パニック障害の理解度が上がってこれば、それに向き合っている本人の気持ちも変わってきます。
 
 
そしてパニック障害は治る病気ということを認知しておいて下さい。
 
 
理解すればするほど、治る病気という事が分かってきます。

 

 

パニック障害克服期間はどれくらい?

 
早い人で1ヶ月から3ヶ月で回復する方もいます。
 
遅い人で1年から3年。数十年かかって治療をしている方もいます。
 
 
本当に治るのか?という不安もあると思います。
 
 
安心してください。
 

パニック障害は治りますし、幸せになれる義務はあります。
 
 
今自分が幸せだと心の底から言える方はどれくらいいますか?
 
 
病気だから幸せになれないなんて思っている人は間違いです。
 
 
パニック障害になったから幸せを手に入れた方は沢山います。
 
 
今はインターネットの発達によって、共感できる人とネット上で人と人が繋がる事が出来たり、何でも調べられる時代に突入しました。
 

そして今孤独と苦しみで泣き叫んでいる人も、もう一度笑顔を取り戻す事ができるでしょう。

 
パニック障害になっても結婚して出産を経験している人もいるし、ビジネスで成功されている方もいます。
 
 
だからこそ夢や希望を捨てないでもらいたい!
 
 
自分自身も生きた心地がしない状態が、数年続きました。
 
 
もちろん自殺願望も出てきたりすることもありました。
 
 
一時は誰もが希望をなくすときがあるでしょう!
 
 
でも昔の自分を思い出してください。
 

あの頃のように元気で活発なあなたに戻る事は可能なのです。
 
 
ではどうしたら、パニック障害を克服することができるのでしょうか?

 

パニック障害の患者が治らない理由は?


復帰はどのようにしていけばいいのか?
 
そもそも治らない理由とはなんなのか?
 
 
病気の症状がお薬で改善されてきた時に復帰を考えようとします。
 
しかし慣らすということを行わない状態でいると病気が再発し克服期間が長引いてしまう恐れがあります。
 

仕事をしようとしたり、行動に移そう移そうとした時に関わる前頭前野が十分回復してない時はまだまだ復帰を早いのです。
 
 
だからこそしっかり準備が必要なのです。
 
 
リハビリテーションとして、自治体から「職場復帰援助プログラム」「デイケア・プログラム」を提供しているところがあります。
 
こちらも参考にしてみると良いでしょう。
 


復帰したとしても、遅れを取り戻そうとする思いから、疲れを感じていても、無理しがちです。 

どうしてあなたがパニック障害になったか再び思い返す必要性があります。
 
 
頑張りすぎてると感じたら、呼吸法を使って一度落ち着きましょう。
 
 
それよりも社会復帰しようとした自分の感情をもっと褒めてください。
 
 
自分を褒め、自分を愛する事を忘れないこと。
 

これが出来ていない人は、病気が長引く可能性があります。
 
 
出来た事や、良い感情の時は前向きに自分を褒めてあげてください。
  
 
お薬を減らすタイミングも非常に重要です。
 
 

パニック障害の患者さんがよくやってしまうことは、すぐに断薬をしてしまうということです。
 
断薬を考える時は、病気が一時的に回復した時ではなく、社会復帰をして今まで通りの生活を送れるようになったときです。
 

 
薬を抜くタイミングや量も克服期間を長引かせてしまう要因にもなりますので、医師にしっかりと相談してください。 

 
 

パニック障害を克服した時、症状悪化や再発防止を防ぐ為にどうしたらいいか?
  
 

パニック障害は克服しても、再発する恐れもあります。

再発防止について詳しく書いた記事もありますので、こちらも合わせてお読み下さい。
 
 
少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。 

 

おすすめアマゾンリスト!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 症状の悩み, 発作が起きる悩み, 考え方の悩み , ,