パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害で夏休みに行った海で発作がでました!どうにかならないの?

      2017/07/12

パニック障害はいつ突然襲ってくるか分かりません。
 
夏休みの海といったら、人混みが多かったり、海に入ってしまったらお薬が手元にないぶん怖い思いをする人もいることでしょう。
 
でもみんなと楽しく、プールや海にいって夏休みを満喫したいパニック障害を抱えている患者さんはいるはずです。
 

なにか対策はないのでしょうか?

現在パニック障害を抱えていて、海やプールを満喫したい方はそのまま記事を読み進めてください。

 
 

Sponsored Links

 
 

パニック障害が夏休みの間に発生!!どんな病気なの!?

456740
ストレス社会の現代、今心の病が増えてます。
 
ではパニック障害とはどのような病気なのでしょうか??

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。 
 

 この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。 
 

 初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。 
  


 パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。
 
本サイトでもパニック障害の事は何回か紹介してますが、あらためて自分の病気を理解することが必要です。
 



パニック障害は夏休みに起きやすい理由は!?

夏休みは海やプール以外でもパニック発作が起きやすい場合があります。
 
ではどうしてでしょうか?



渋滞が多い夏休み

夏休みはとにかくどこに行っても渋滞ばかり。

閉鎖的な空間はパニック発作を誘発させやすい状態があります。

高速道路の渋滞はパニック障害の患者さんにとっては非常に辛い環境でしょう。
 


人混みが多い夏休み

夏休みはやはり人混みが多くショッピングモール、テーマパーク、イベントどこも盛り上がってますよね。
 
普通の人でも、めまいがしそうなくらいの人混みです。

パニック障害の患者さんにとっては、地獄のような状況が続く事でしょう。
 


気温が暑くなる夏休み

温度変化が激しかったり、猛烈な猛暑だったりした場合、自律神経が乱れやすい状態になってます。

夏休みは猛暑の日も多々ありますので、十分に注意する必要があります。
 


このように夏休みという期間だけでも、パニック障害の患者さんにとって障害のある出来事や場所が多いのです。

 

パニック障害で夏休み中に海やプールで発作が起きやすい原因とは!?

093934
海やプール以外に夏休みの期間というところでも発作が起きやすい原因となっているのは分かりました。

では海やプールなどはどうしてパニック発作が起こってしまうのでしょうか?


お薬を持つ事が出来ない

海やプールは、お薬を近くに持っていく事が出来ません。

不安が強く出てしまう方は、肌身離さずお薬を持っていたい方は多いはずです。

  

発作が起きてもすぐに対応出来ない

海やプールは水の中です。

突然具合が悪くなっても、すぐに横になることが出来なかったり、発作の対処が出来づらい事が多いです。

水面から上がる頃には不安が増強している場合があります。
 


人混みが多い

夏休みの海の場合やはり人混みが多いです。

人の目を気にしたり、圧迫感に襲われる場合があります。


上記が海やプールで発作が起きやすい原因だと考えられます。
 

海やプールを楽しみたい場合はどうすればいいの?解決方法は!?

417219
具体的な解決方法はあるのでしょうか?

信頼出来る友人といく

あまり大人数で海へ行かず、少人数で信頼出来る人と行くのがいいでしょう!

パニック障害に理解がある方ですとなおさら良いです。

 

出来る限り平日にする

夏休みをさけ、出来る限り平日の空いている時に行くことで人混みは避ける事が出来ます。

人混みが苦手な人は、少しづつ慣れるところから始めましょう!

どうしても夏休みに行きたい場合、できるだけ海岸沿いで入るように心がけるとよいでしょう。

 

水中でも濡れないように薬と水を携帯しておく

水中にもお守り変わりのお薬を持っておくとそれだけでも安心できると思います。

お薬が近くにあるだけで安心な方は効果的です。
 
 
 
いかがでしたでしょうか? 
 


パニック障害を持っている患者さんでもしっかり夏をエンジョイしていきましょう!


みなさんのお役に少しでも立てたら幸いです。



パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 外出時の悩み , , ,