パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害で糖質制限を進められたが危険なの?メリットとデメリットは?

      2017/07/12

糖質制限は、体の体調を整える方法としてメディアや本で取り上げられた事は有名です。
 
しかしながら糖質制限に対して、賛否があります。
 
現在パニック障害を抱えながら、糖質制限に取り組まれている方、または糖質制限に興味がある方はそのまま記事を読み進めてください。
 

  
 

Sponsored Links

 
 

糖質制限ってどうゆうこと?パニック障害に関係あるの??


378724
 
糖質制限という言葉を聞いた事があるでしょうか?
 
糖質制限ダイエットなどの言葉が流行ったのですのが、一体どのような方法なのでしょうか?
 
ご飯やパンなど炭水化物を控える「糖質制限ダイエット」の第一人者として知られたノンフィクション作家、桐山秀樹氏が今月6日、心不全のため61歳で急死したことで波紋が広がっている。桐山氏の関係者は死因と糖質制限との関係を否定しているが、専門家からは、極端な糖質制限を長期に行うリスクを指摘する声も上がっている。
 

 糖質制限とは、ご飯やパン、麺類、ジャガイモなど炭水化物(糖質)の多い食品を食べない糖尿病患者のための食事療法。糖質だけを控えれば肉や魚は制限なく食べてもよく、カロリー計算のいらない手軽さから糖尿病患者だけでなく、ダイエットをしたい人にも人気となっている。
 
 

上記が糖質制限についてまとめてある記事になります。
 

糖質制限は危険なの??

 
糖質制限の治療法やダイエット法は賛否があるのが現状。
 

ではどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
 
6つのメリットと、3つのデメリットについて紹介していきたいと思います。
 
 
まずはメリットはこちら

 
・血糖値を下げる事が出来る
・眠くならない
・睡眠時間が少ない場合でも大丈夫
・冷え性が解消された
・酔いづらくなった
・イライラしなくなった

  

糖質制限には体に良い事が起こります。  
  
  



しかしその反面デメリットも存在します。 

 
 
・エネルギー不足
・コレステロール増加
・栄養不足
  


このように体にとって悪い事もあります。
 
 
賛否がありますが、自分の体と相談しながら糖質制限をしてみるとよいです。 

 

いかがででしたでしょうか? 

 

糖質は制限することもよいのですが、エネルギーとしてちゃんと使い切るという方が健康には良いという意見もあります。 
 

 
糖質は体にとって非常に大事なエネルギーなので過剰に摂取する事をやめてしまうような事はしなくていいという場合があります。
 
 

しかし糖質を取りすぎてしまうと太ってしまったり、糖尿病の恐れもあることも事実。 
 

 
しっかりと適量を守る事が重要になってきます。 


パニック障害と食べ物の関係性もこちらの記事に書いております。
よかったら参考にしてみてください。 


パニック障害の僕が糖質制限を体験してみた

 
 
 
 
食事でうつ病は治せるのか? うつ病や精神病に効果的な食事療法について精神科の先生が解説して頂いております。 
 

こちらの動画も参考にしてみてください。
 
 
パニック障害を体験した僕が糖質制限をした体験談もシェアしたいと思います。 

 
糖質制限の本を片っ端から読んで、炭水化物を抜いてみました。 

 
・炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学
・ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか
・糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて
・食品別糖質量ハンドブック
・高雄病院 Dr.江部が食べている「糖質制限」ダイエット1ヵ月献立レシピ109



上記の本がオススメの本になります。
 

糖質制限について興味がある方はこちらを参考にしてみてください。
 
 
ご飯、うどん、ラーメン、パスタ、ピザ、寿司…
 
 
日本人とって馴染みのある食事ですが、これらを我慢することによって「がん」、「動脈効果」、「うつ」、「肥満」が改善傾向にあることが分かりました。
 
 
もちろん必ずではないですが、効果が出た方はいるようです。実際僕もその一人です。
 
 
個人差があるので効果に差はありますが、病気や悩みの原因は「糖」が9割関わっている事を述べている書籍もあります。


やはり脳を効率よく働かせたい場合は、糖を断つ事が重要と述べております。
 

僕も感じた事なのですが、多くの人が勘違いしていることが、疲れた時は甘い物を食べるという習慣です。
 

おいしいものを食べると一時的には幸せな気持ちになれますが、血糖値が上昇してしまうのです。
 

一瞬は落ち着きますが、また糖が欲しくなってイライラしてしまうことがあります。
 
 
こうした気分のムラが、パニック障害や精神病などの引き金になりうる可能性があります。
 
 
だからこそ、あまりにも糖を取りすぎない事をオススメします。
 
 
適度な量を守ってしっかり治療に励んで頂けたら幸いです。
 

 
 

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 外出時の悩み ,