パニック障害接し方マニュアル!患者が教える改善方法!

パニック障害患者の接し方に悩んでいる方や、患者が早期回復できるような情報発信

パニック障害がすぐ治った人の3つの特徴とは!?

      2022/10/07

パニック障害がすぐ治った人の特徴とはどんな人でしょうか?

病気を数ヶ月以内に克服できた人達に話を聞いてみました。

するとある共通点が分かりました。

現在パニック障害を抱えている人ですぐ治った人の特徴を知りたい方はこのまま記事を読み進めてください。

パニック障害がすぐ治ったとはどのような状態!?

822210
パニック障害の完全完治というのは以下の状態の事をいいます。
 

パニック発作が起きない

パニック発作が完全におさまり、社会復帰することができるようになった状態である事。

そして人間関係のストレスがあったとしても、正常に対処する事ができ、発作が再発する事なく日々を過ごす事が出来た。

周りの人の手助けがなくても自分の心のコントロールが可能。

薬を飲まなくても安定した日常生活を送れる

医師から処方されていた薬をやめても発作に対する恐怖感はなくなった事。

また薬を辞めた時に出やすい依存や禁断症状が出ず、しっかりと断薬できた。

お守りの薬などもいらず、外出も可能に。

不安や恐怖を感じないで外出が出来る

苦手とされている、車、電車、飛行機などの乗り物に、一人でも自信を持って乗る事ができる。

美容院やマッサージなどの快楽サービスも通常通りこなす事ができ、人混みの状態でも待つ事も可能。

エレベーターの閉塞的な空間でも、平気に。

これらがこなせるようになると「パニック障害を完治した」と言えるでしょう。
 
パニック障害は、数週間で治る人もいますし、何年にも渡って苦しむ方もいます。

1日でも早く安心した生活を送りたいと思っている人は多くいるはずです。

ではどうしたらすぐにパニック障害が治るのでしょうか?

パニック障害がすぐ治った人の3つの特徴!

679538

パニック障害がすぐ治った人から話を聞くとある共通点がありました。
 

パニック障害について自分でも勉強する

パニック障害を自分で受け入れ、本やインターネットで病気を調べて知識をつけている方が多いです。

パニック障害になってあまりやってはいけない行動をさけ、やった方がいい行動は積極的に取り入れてみる!

医師の指示をきちんと守り、苦手な場所もどんどんチャレンジしていったそうです。

例えば体にとってパニック発作を誘発するカフェインを取らない、お酒を飲まないといったこと。

早寝早起きや軽い運動をやるという基盤を作りながら、医師の指示に従うという事。

不安や恐怖は、無知からくる場合が多いです。

過去に経験しているはずです。

あの時はあんなに悩んでいたのに、今となったら大した悩みではなかったと。

それは解決策の方法を知ったり、考え方が変わったり、時間の流れが解決したなどがあります。
 
まずはパニック障害の体験を体で覚え、発作の原因をよく調べ知恵をつけること。
 

パニック障害の発作を極度に怖がらない

パニック障害を発作を体験すると2つのパターンに分かれます。

「パニック発作が怖くて仕方がない」、「パニック発作が起きても大丈夫」です。

すぐ治る人の特徴は、後者であるパニック発作が起きても大丈夫と考える人。
 
パニック発作を完治するには、薬だけでは治りません。

行動認知療法といって、行動することによって、外出することは怖いという脳の認知の歪みを治さなければいけません。

悲観的になりすぎず、かといって楽観的にもなりすぎず、地に足のついた現実的でしなやかな考え方をして、いま現在の問題に対処していけるようにします。

結論から言いますと、発作を極度に恐れず起きた発作をじっくり観察し、その場から逃げることなく最低でも15分から30分耐えること。

発作が治まっていくことを観察しながら、発作が起きても大丈夫ということをしっかりと脳に刻みます。

病院しっかり見極める

パニック障害をすぐに治すには、主治医の相性と薬の相性が密接に関わります。

ただ薬を出すだけの主治医ではなく、しっかりと自分の体調を細かく聞いてくれ、薬の調合を細かくやってくれる人がオススメです。

主治医に対してストレスを抱えてしまうと思った人は、すぐにでも違う病院にしたほうがいいです。

それくらい主治医と薬は大切です。

パニック障害がすぐ治らない人の3つの特徴!


逆にすぐ治らない人はどんな特徴があるのでしょうか?

自己流で治そうとする人

正しい知識がない状態で自己流で治そうとする人は、さらに症状が悪化してしまう恐れがあります。

症状が悪化してから治療すると、どんどん完治する事が遅くなります。

中には併発して別の精神病を発症させてしまう可能性も。

とくにうつ病は併発して起こりやすいので要注意です。

うつ病に関してはこちらを参考に

医師のいうことを聞かない人

精神病と聞くと、拒絶してしまう人もいる事でしょう。

通院している患者さんを見て、自分もこうなってしまうのではないのかと考えたり、安定剤を飲んで頭がおかしくなってしまうんじゃないか。

そんな感情になる人もいます。

病院に行ったはいいが、薬が怖くて飲めないという人も。

まずは医師の言うことを聞くこと。

それでも体調が変わらない場合は、別の病院に行くことをオススメします。

周りの助けを借りない人

パニック障害になると一人で出来ることが多くなります。

これくらい自分でやらなきゃと思うことでも初期段階の時は、思いっきり周りの助けを借りてください。

恥ずかしい、情けないと思う方もいるかもしれません。

しかし今はそんなことを気にしている場合ではないのです。

早期治療が一番の近道ですから、周りの人には十分に頼りましょう。

上記の人たちは長期的な治療になる可能性がありますからご注意を。

とにかくパニック障害の症状ばかりにとらわれてしまうと、不安に負けてしまいます。

パニック障害は死ぬ病気ではありません。

だから安心して治療に励みましょう!

いかがでしたでしょうか?

少しでも皆さんの役に立てたら幸いです。

パニックで車の運転が出来ない!すぐに発作の恐怖を克服する最速の方法!こちらも運転出来るまで早く改善したい人にはオススメの記事です。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 治療の悩み , ,