パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害は早死にするリスクが高まるの!?

      2017/08/16

パニック障害を検索していたら早死にするという噂がのっていた!!

学べば学ぶほどパニック障害は死ぬ病気ではないということは分かったがなぜこのような噂がでてしまうのでしょうか?


パニック障害と早死にとの関連性について調べてみた!!


Sponsored Links



パニック障害は早死に直結する病気ではない!

446763
パニック障害は健康な人より、不安や心配について過敏に反応してしまう症状です。

突然襲ってくる動悸や、恐怖、目眩などの症状を何度も繰り返してしまいそれが、長期記憶に定着し何度も同じ発作を繰り返してしまうのです。



確かに「このまま死んでしまうんではないか」と思う気持ちが出てくるのは分かります。

しかし実際にパニック障害で亡くなってしまったというケースはあまり聞きません。



となると早死にしてしまうという噂は、パニック障害が原因というわけではなくどこか別に要因があると考えられます。


パニック障害は早死にとなる要因は性格にあった!!

737158
パニック障害で早死にする病気ではないことは分かりました。

しかし早死にするという噂が立っているのは事実。


根本的な原因は一体なんなのでしょうか?



精神患者の性格が早死にの原因?

パニック障害になりやすい性格は、生真面目で、限界まで我慢する頑張り屋さんで、責任感が強いタイプの方が多いです。

このようなタイプの方はストレスを抱えやすいです。


病気の原因のほとんどがストレスによるものが多く、うまく発散できないタイプは溜め込んでしまいがちです。


それが原因で早死のリスクが高まる場合があります。


薬の多量摂取が早死にの原因?

パニックになり薬を大量に飲んでしまったりすることはありませんか?


薬が体に良いか悪いかといったら、もちろん悪い分類に当てはまってしまうでしょう。

しかし薬を飲まないことによってストレスや不安が増強するなら飲んだ方がいいです。



ただ暴走して飲み過ぎてしまう恐れもあります。

薬の多量摂取は体に大きな負担がかかるため、早死にのリスクが高まる場合があります。



医師と相談しながら適量を守ってください。


孤独感が早死にの原因?

精神患者の特徴で、人とのコミュニケーションを遮断してしまう方がいます。

そうすることで、笑顔があまりなくなったり、孤独感を感じてしまったりする可能性があります。




単調な毎日に退屈感を覚え、次第に脱力感を味わってしまうことでしょう。




統計データーでもあるのですが、よく笑う人とあまり笑わない人との寿命を比べると圧倒的によく笑っている人の方が長生きだそうです。


よって孤独で一人ぼっちでいることにより、早死にのリスクが高まる場合があります。


パニック障害は早死になる原因は性格や環境にあった!長生きするにはどうすればいいの?

679538
パニック障害で早死にするという症状はないが、パニック障害を抱える患者の性格であったり、環境で早死にするリスクが高まることが分かった。

ではどうしたら患者は長生きすることが出来るのでしょうか?



信頼できる人を作る

もともと一人が好きという方もいるかもしれませんが、やはり誰ともコミュニケーションを遮断してしまうのは精神的に良くないです。


悩みを打ちあけれる方や、一緒に出かけれる人を作って、楽しいという感情をたくさん味わいましょう。


「私になんか友人が出来る訳がない」と思っている方でも、患者のことをしっかりと理解し、共感してくれる方は現れます。


新しいことにチャレンジしてみる

新しいことにチャレンジしワクワク感を味わう事も凄くよいです。

ただあまりにも無理なチャレンジは逆効果なので、楽しみながら少しづつ挑戦していくといいでしょう。



よく笑う

よく笑うことは健康にも非常いいことです。

口角を上げるだけで幸せホルモンが出るとも言われています。


笑いは百薬の長という言葉もあるように、どんな薬よりもいいと言われることわざまであるぐらいです。


お笑い番組をみることもいいですし、おもしろい人の周りにいることもいいでしょう!



食事に気をつける

ストレスが溜まり、食事をあまり食べれなくなってしまう方もいれば、逆に暴飲暴食に走ってしまう方もいます。

食事と早死にも密接な関わりがありますので、しっかり栄養バランスを考え、腹八分を心がけましょう。



軽い運動をする

病気になって、座ってばっかだったりベットでずっと寝ていたりしていませんか?

立つという行為をあまりしないと、血流悪化の原因にもなります。


ストレスがあまりかからない程度の運動を無理なく続けることは身体にとてもいい影響があります。



いかがでしたでしょうか?

少しでも皆さんの役に立てたら幸いです。

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 病気併発の悩み, 症状の悩み ,