パニック障害克服大作戦〜大丈夫!治る!患者が教える安心生活法〜

パニック障害克服方法満載!

パニック障害は空腹時に発作が出やすい!4つの原因とは?

      2017/09/16

パニック障害で空腹時の時に発作が出やすいという方がいます。

なぜ空腹時に発作が起こりやすくなるのでしょうか?


現在パニック障害を抱えていて、空腹感に耐えれない方はこのまま記事を読み進めてください。


Sponsored Links


パニック障害は空腹時に発作が出やすい!空腹共にやってきた不安!

097756
パニック障害で空腹時に発作が出やすいとありましたが、私もその経験があります。

突然お腹が減ってきて、空腹感に対して強い不安を覚えたのです。


どんどん予期不安が強くなっていき、手足に冷え汗を書いてきました。

その結果発作が出てしまい、空腹の状態になると発作が出てしまうということが脳裏に刻まれてしまいました。


それ以来出かける前には必ずご飯を食べたり、コンビニで頻繁に軽食を取るようになってしまいました。


パニック障害は空腹時に発作が出やすい?原因は一体なんなのでしょうか?

895316
パニック障害は空腹時に発作が出やすいというのですが、どのような原因があるのでしょうか?


やる気が起きない

お腹が減ってしまうことで、モチベーションが上がらず気持ちが前向きにならない場合があります。

ご飯を食べる事で、セロトニンという脳内安定物質が出るので食事を取らないことは発作が起きやすい原因になります。

イライラしてくる

お腹が減ってしまっている状態でいると、ストレスを抱えてしまいがちになってしまいます。

ストレスが溜まる事によって、発作が出てしまう確立が上がってしまいます。

不安感が強くなる

不安感が多くなる一つの原因として空腹の状態に現れる可能性があります。

食を食べないと生きていけないという生存本能が働き、長時間ご飯を取らない状態や、お金に困り食事をまともにとれないと不安感が強く出てしまう恐れがあります。

その結果、発作が出てしまう原因になってしまう場合があります。


自律神経が乱れやすい

空腹時は自律神経が乱れやすくなります。

交感神経と、副交感神経が乱れる事は不安が高まる場合が多く、発作が出やすい状態にあります。


パニック障害は空腹時に発作が出やすい?原因は一体なんなのでしょうか?

465662
パニック障害は空腹時に起きやすい原因は分かりました!

では空腹時は一体どうすればいいのでしょうか?


持ち物に軽食を入れておく

カバンの中に、軽い食べ物を入れておく事で安心感に繋がります。

意識的にお腹が減ったらどうしようと考えてしまっている方は、すぐ手に取れる場所に置いておくだけで空腹感を紛らす行為になります。


出かける前にご飯をしっかり食べておく

出かける前にご飯をしっかり食べておくことで、空腹感での発作を抑える事が出来ます。

ご飯を食べたから空腹にしばらくならないという安心感から、意識的に空腹感を紛らわす事が出来ます。


空腹時の外食は行列を避ける

空腹時に外食の行列に並ぼうとすると、予期不安が高まる恐れがあります。

極端にお腹が減っている場合は、混雑しているお店は辞めておく事をオススメします。



いかがでしたでしょうか?

みなさんのお役に少しでも立てたら幸いです!!

パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 外出時の悩み ,