パニック障害接し方マニュアル!患者が教える改善方法!

パニック障害患者の接し方に悩んでいる方や、患者が早期回復できるような情報発信

恋愛感情がなくなるパニック障害!原因と対処方法とは?

   

パニック障害になってしまうと恋愛感情がなくなる可能性があります。

現在恋人や婚約者がいる方でパートナーが突然、恋愛感情がなくなってしまったり、患者が恋人を作る気力をなくしてしまうという事実を知っていますか?

今回は恋愛感情がなくなる原因や対処方法を紹介したいと思います。

パニック障害になると3大欲求が失われてしまう

現代はストレス社会になっているため、パニック障害に罹る人が増加しています。

現在はカップルのどちらかがうつ病というケースが少なくありません。

パニック障害の原因はまだ解明されていない部分もありますが、大切な人との生死別、環境の変化、リストラ、借金などが要因になることが多いです。

パニック障害良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気ですが、本来持っている3大欲求が失われることがあります。
食欲は生命を維持するために欠かすことが出来ませんが、うつ病に罹ると好物を食べても美味しいと感じにくくなり、食欲が低下して体重が減少することが多いです。

睡眠は休息を取ったり、活力のある生活をするために欠かせない欲求ですが、ストレスが原因で脳が疲労していると寝つきの悪さ、早朝覚醒、何度も目が覚めるなどの症状が見られることがあります。

パニック障害は脳の病気なので本来持っている欲求が乏しくなるので、身近な家族、友人などが変化に気付くことが多いです。

性欲は健康な男女であれば持っている欲求ですが、パニック障害に罹ると疲労や倦怠感などが原因で性的な欲求が乏しくなることがあります。

ストレスや緊張、不安などが原因なので十分な休息や睡眠を取り、ストレス環境から離れることも大事です。

パニック障害で恋愛をしたくなくなる理由を知っておきたい

パニック障害は脳の病気なので、人間が本来持っている3大欲求が乏しくなることがあります。

十分な食事や睡眠が取れていないと、疲労感やだるさなどの体の不調が見られるため、性欲が低下したり、異性に興味や関心が乏しくなることが多いです。

異性だけでなく自分の好きな趣味や娯楽にも、関心が乏しくなるので恋人や家族は変化に気付くことがあります。
うつ病で恋愛をしてくなくなるのは、本来持っている豊かな感情が乏しくなるので恋人と会ったり、電話をしている時でもそっけない、冷たいと感じることが多いです。

意欲や気力が減退しているのでデートや食事に行っても、疲労感やだるさなどの体の不調を感じやすくなります。

無理に会ったり、電話やメールなどで連絡は避けて、治療に専念させたり、きちんと薬を服用させることが大事です。

症状が改善してくると脳の機能が向上してくるので、意欲や気力、食欲、性欲などの欲求が戻ってきます。

パニック障害に罹っている人は恋人に気を遣ってしまったり、会っても気分が晴れないので恋愛をしたくなくなることが多いです。

パニック障害の症状は多少の個人差がありますが、症状が重い時は治療に専念させたり、無理に連絡を取って負担を掛けるのは避ける必要があります。

パニック障害の人でも恋愛を楽しめるようになる方法

パニック障害に罹っていると、健康な時に比べると外出をしたり、人と会話をすると疲れやすくなります。

パニック障害の患者も恋愛中の恋人がいるので、病気と付き合いながら恋愛を楽しみたい人が多いです。
症状が重い時は無理に会ったり、電話やメールなどで頻繁に連絡を取ると億劫になるので、連絡を取る頻度を減らしてもらうことでストレスを軽減できます。

パニック障害に罹っていると旅行や長時間の外出などは、心身の負担になることが多く、恋人と過ごしていてもストレスを感じることが多くなります。

心身の負担を減らすためには、お互いの家でゆっくりと会話をしたり、自宅で共通の趣味などを楽しむと良いでしょう。
パニック障害の恋人がいる場合は、あまり長居をするとストレスを掛けてしまうので、早めに帰宅をするなどの工夫が必要です。

パニック障害に罹ると性欲が減退したり、本来持っている恋愛感情が薄れてしまうことがありますが、相手を嫌いになったのではなく、病気の症状のせいなので理解をしてあげる必要があります。

パニック障害は良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら、少しずつ回復する病気なので、あせらずに根気よく接してあげることが大事です。

恋人に優しくしてもらったら、お礼の言葉を伝えることで円満に行くことが多くなります。

パニック障害は恋愛感情がなくなる事実のまとめ

パニック障害は脳の病気なので、脳の機能が低下すると人間が本来持っている3大欲求が失われることがあります。

食欲は生命を維持するために欠かせない欲求ですし、睡眠欲、性欲などは人間らしい欲求ですが、ストレスや不安、緊張などが原因で欲求が乏しくなることがあります。

食事や睡眠が十分に取れていないと、体のだるさ、疲労感を感じやすく、恋愛感情や性欲が著しく低下する原因になることが多いです。

パニック障害は抗うつ剤、睡眠導入剤、抗不安薬などは大変有効なので、薬を続けたり、治療を受けたり、十分な休息を取る必要があります。

パニック障害は良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気ですが、工夫をすることで恋愛を楽しむことができるので、恋人にも理解をしてもらいましょう。

パニック障害で恋愛して彼女や彼氏はできるのか?どこで見つければいいの?こちらの記事もおすすめです。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 恋愛の悩み ,