パニック障害接し方マニュアル!患者が教える改善方法!

パニック障害患者の接し方に悩んでいる方や、患者が早期回復できるような情報発信

恋愛できないパニック障害!感情が戻る方法を徹底解明!

   

恋愛できないパニック障害患者がいることをご存知でしょうか?

パニック障害は恋愛ができないわけではなく、したくても心と体が制御しきれない状態になっています。

今回は恋愛ができなくなるメカニズムや、患者の恋愛感情を戻る方法を徹底解明していきたいと思います。

パニック障害になると恋愛ができなくなる?

パニック障害は大切な人との生死別、引っ越し、結婚、転職などの環境の変化などが原因で、発症することが多い病気です。

大切な恋人がパニック障害に罹ると、ストレスや不安、緊張、イライラなどが原因で脳の機能が低下してしまい、恋人に対する恋愛感情があまり湧かないなどの心理状態に陥ることがあります。

パニック障害は脳の病気なので、健康な時とは違って様々な症状が見られますが、興味の喪失、不安感、恋愛感情が薄れるなどの傾向があります。

パニック障害は症状が悪化すると電話やLINEなどで連絡をするのが億劫になり、恋人とあまり連絡を取りたがらないことが多いです。

無理に連絡を取ろうとすると大きなストレスが掛かってしまい、嫌悪感などを持たれることがあるので、連絡は控えて1人の時間を持たせる必要があります。

パニック障害は抗うつ剤、抗不安薬、睡眠導入剤などの薬は大変有効なので、心療内科や精神科に通院を行くことを勧めたり、薬をきちんと飲むように伝えて揚げることが大事です。

病院で適切な治療を受けたり、投薬を続けることで気力や意欲が出てきて、脳の機能が向上してきます。

パニック障害は症状が良くなってくると外出したくなったり、人と会話をしたくなるので恋愛感情が戻ってくることがあります。

あせらずに根気よく接してあげることが大事です。

恋愛感情を失う原因を知っておくことが大事です

パニック障害が恋愛感情で失ってしまう理由

パニック障害に罹ると、脳の機能が低下するので興味や喜びの喪失などの症状が見られることがあります。

恋愛は本来は楽しいことですが、うつ病に罹っていると人と会話をしたり、直接会うのは億劫になることがあります。
パニック障害は脳の病気なので、セロトニンという物質が減少すると抑うつ、不安、緊張などを感じやすいです。

パニック障害に罹るとLINEの既読スルーをしたり、会ってもあまり会話をせず、そっけない感じがするので恋愛感情を失ったとショックを受ける人が少なくありません。

これは病気の症状のひとつなので、恋愛感情を失ったように見えても、恋人には気を遣っている人が少なくありません。
無理に会う約束をしたり、電話やメールなどは催促はせずに病気が回復するまで、根気よく待ってあげることが大事です。

優しく思いやりのある態度で接してあげることで、パニック障害の彼氏も精神的な負担が減るので恋愛感情が戻ってくることがあります。

恋人が恋愛感情を失ってしまって寂しいと感じている女性が多いですが、症状が回復するまでは治療に専念させてあげると良いでしょう。

少し症状が改善してきて外出をしたがるようになると、近場のスポットや食事などに誘ってあげるのがお勧めです。

恋愛感情が戻る方法を徹底解明

結論から言いますとパニック障害患者の恋愛感情が戻る時にはある程度病気の症状が軽減された状態にあるということです。ただ恋愛をしたいと思う気持ちが逆に病状を悪化させてしまう可能性もあります。

無理に恋愛感情を戻そうとしないことも病気の早期改善に繋がります。「こんな自分が付き合えるわけがない」と自己否定に走る人も多いですから。

パニック障害患者になりやすい患者の特徴として、「真面目」「責任感が強い」「頑張り屋さん」などといったことがよく挙げられます。その性格は時に善にも悪にも働くことがあります。恋愛観に関しても世間体を非常に気にしてしまうことでしょう。

本心では恋愛は自分のタイミングでしたいという思いがあるのに、「この年齢で結婚することが当たり前」といった一般的な価値観やレッテル張りを強く気にしてしまう。

また周りの言動やプレッシャーでさらに1人で悩み込んでしまうことも。そうならない為にまずは自分の体調を優先に考えること。周りの人もそれを理解してもらうことが大切です。

恋愛感情を取り戻したいなら、体調を優先し自分の気持ちに素直になり、自然の流れに身をまかすこと。

パニック障害の恋人とうまく関わるには?

もし恋人ができてもうまく関わることができなければ、せっかく治ってきた病状がまた悪くなるかもしれません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

パニック障害は気力や意欲の減退、学業や仕事の不振、家事の効率が悪くなるなどの症状が見られます。
脳の病気なので、本来持っている感情が乏しくなり、無表情に見えたり、会ってもそっけなく恋愛感情を失っていると感じることがあります。

これは病気の症状なので興味や関心が乏しくなっており、好きな人や趣味、娯楽などに関心が少なくなり、冷たいと感じることが多いです。

パニック障害の恋人と接すると会話が弾まない、気配りが出来ないなどの不満を感じることがありますが、病気の症状のせいだと理解する必要があります。

脳のセロトニンが不足すると症状が悪化するので、朝起きた時に電気を点けたり、雨戸を開けて太陽光を入れるなどの工夫が必要です。

暗い部屋で過ごしていると、気分が優れず朝が起きられない、寝つきが悪いなどの症状が出てきます。

パニック障害は早朝覚醒、寝つきが悪いなどの不眠の症状が見られますが、睡眠導入剤を服用することで気分が良くなり、脳の機能が向上してきます。

抗うつ剤や睡眠導入剤が効いてくると脳の機能が向上してきて、パニック障害の症状が改善することが多いです。

パニック障害には治療に専念をするようにアドバイスをしたり、優しく声掛けをしてあげることで恋愛感情が戻ってくることがあります。

あせらずに根気よく接してあげましょう。

パニック障害が理解されない!周りの人はどう接していけばいいか?周りの関わり方に関する記事はこちらから

恋人がいないパニック障害患者でも恋愛はできるのか?

大前提として恋愛をする前に自分の体調をある程度整える必要はあります。パニック障害は治る病気なので、恋愛を楽しみたいというタイミングでも遅くはないです。

またパニック障害になったあなたでも行為を持ってくれる相手もいます。様々な書籍などで病気を持っていても結婚されたという報告はたくさんありますから、安心してください。

まずは自分と向き合いある程度の生活ができるまで回復を目指しましょう。現在恋人作りの方法は多種多様にあり、友達の紹介や合コンだけではなく、SNSやアプリからの出会いもあり、出会いの形も多様化してます。

理解度が高い人や趣味思想が同じ価値観の合う人と繋がりやすくもなっています。もう恋人はできないんじゃないか?と諦めている人でも作ろうとする気持ちがあれば、自然と出会いはあるものです。

こちらも病気と同じで焦らず、ゆっくりと探してみることが大事。焦って恋愛して余計にストレスを抱えてしまっては意味がありません。

まとめ

パニック障害は大変ポピュラーな病気なので、環境の変化や体調不良などのストレスが原因で大切な恋人が罹る可能性があります。

睡眠障害や食欲不振などの症状が続いてしまうと、脳の機能が低下してしまい、無表情に見えたり、会ってもそっけなく恋愛感情が乏しくなったと感じることが多いです。

恋人の変化で傷ついてしまう人もいますが、病気の症状のせいなので理解してあげましょう。

パニック障害に罹ると人と会ったり、会話をするのが億劫になることが多く、既読スルーなどをすることもあります。

パニック障害は適切な治療を受けたり、投薬を続けることで脳の機能が回復してくるので、本来持っている恋愛感情が戻ってくることが多いです。

連絡をせがむのは避けて、根気よく接してあげる必要があります。

パニック障害に多い恋愛依存症とは?治したいと思っている方はいませんか?こちらの記事もおすすめです。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 恋愛の悩み , ,