パニック障害接し方マニュアル!患者が教える改善方法!

パニック障害患者の接し方に悩んでいる方や、患者が早期回復できるような情報発信

パニック障害でひどくなる時の対処方法をアドバイス!

   

パニック障害がひどくなる時にどのような対応をとった方がいいのでしょうか?

またどうしてパニック障害が悪化してしまうのでしょうか?

今回は症状が悪化してしまう原因と、対処法を紹介しようと思います。

パニック障害がひどい時の症状とは?

パニック障害は比較的症状が軽い時と、症状がひどい時があります。

症状がひどい時は、家から出ることが出来ないくらいの恐怖感に襲われたり、併発してうつ病になってしまう恐れもあります。

うつ病になると集中力や気力の低下、抑うつ、不眠、食欲の低下や増進などの症状が見られます。

さらに悪化すると、自分には価値がない、消えてしまいたいなどのネガティブな気分に陥ってしまいます。

寝つきが悪くなり、不眠や早朝覚醒などの睡眠障害が見られるようになります。

夜間に十分な睡眠が得られないと、体の披露状態が取れないだけではなく脳を常に働かせている状態もすっきりと取れない為、負のスパイラルに陥ってしまう可能性も。

洗面や歯磨き、着替えなどを怠るようになり、入浴さえもできない状態に。結果的に見だしなみが乱れてくることも。

女性の場合はメイクをしなくなる、お洒落に関心が乏しくなることがあります。

パニック障害は環境の変化、親しい人や身内との生死別、リストラ、金銭問題、人間関係のトラブルなどで発症することが多いです。

パニック障害を診断されている人は、症状が軽くなったり、重くなることがあるので対処方法を知っておくと良いでしょう。

パニック障害がひどい時にやった方がいい3つの対処方法

パニック障害は脳内のセロトニンが不足すると、症状が悪化しやすくなります。

日照時間の短い冬季などは、パニック障害の症状が悪化しやすいです。

パニック障害の症状が重い時は、太陽の光を浴びることです。

朝起きた時に雨戸を開けたり、蛍光灯などを点けるのがお勧めです。

パニック障害の症状が重い時でも、少しだけ外に出て太陽光を浴びることで、セロトニンが分泌しやすくなります。

パニック障害の症状がひどい時は、無理をせずに十分な休息、休養を取ることが大事です。

不眠や早朝覚醒などの睡眠障害が出ている場合は、睡眠導入剤を処方してもらうことで、寝つきが良くなります。睡眠障害が出ている時は、パソコンやスマートフォン、テレビなどの視聴を控えると良いでしょう。

パニック障害の症状が重く、やる気が出ない、気分の落ち込みがひどい時は、十分な休息を取ることが大事です。

仕事や家事などで忙しい人が増えていますが、ゆっくりと体を休める時間を取ることが大事です。

パニック障害の症状が重い時は、無理に人と会ったり、電話などはしないほうが良いでしょう。ベッドから出られないほど、症状が重い時は入院が必要になることがあります。

一時的にストレス環境から離れて、十分な休息を取ることで辛い症状が改善することがあります。

まとめ

パニック障害は大変ポピュラーな病気なので、治療を始めても良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。

パニック障害の症状がひどく、消えてしまいたい、自分に価値がないなどのネガティブな気分になっている時は、十分な休息や睡眠が必要です。

精神科や心療内科などでは、睡眠導入剤、抗うつ剤などを処方してくれるので、きちんと服用することが大事です。

パニック障害は脳内のセロトニンが不足すると、症状がひどくなることが多いです。

症状がひどい時は、起きるのも億劫になりますが、雨戸や窓を開けて太陽の光を入れたり、少しだけ外に出てみる、蛍光灯を点けるなどをすると改善しやすいです。

睡眠障害が出ている時は、パソコンやスマートフォン、テレビなどの視聴を控えることが大事です。

パニック障害の症状が重い時は、無理をせずに十分な休息を取ることが大事です。

ストレス環境から離れるために、一時的に入院をするのもお勧めです。

入院をすることで治療に専念できますし、ストレスを軽減する効果があります。

パニック障害の症状が重い時は、無理に人と会ったり、電話をするのは避けたほうが良いでしょう。

洗面や着替えなどが面倒になることがありますが、なるべく見だしなみを整えたほうが気分が良くなります。

うつ病の人はこうなるらしい!絶対に知っておきたいポイント!こちらの記事も参考に。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 症状の悩み , ,