パニック障害接し方マニュアル!患者が教える改善方法!

パニック障害患者の接し方に悩んでいる方や、患者が早期回復できるような情報発信

パニック障害のスレがガルちゃんに!掲示板を見るメリットデメリット!

   

女子の匿名しゃべり場掲示板ガルちゃんことガールズちゃんねるはご存知でしょうか?

そのスレッドの中にパニック障害の項目もありました。

一体どんな内容が書き込まれているのでしょうか?

ガルちゃんとは一体どんな掲示板なの?

パニック障害 ガルちゃん
女子のためのおしゃべりコミュニティとして開設された匿名掲示板。

月間のアクセス数も億を超えているようです。

芸能のゴシップネタから、お金の問題、健康事情、など様々なジャンルのスレッドが立っている。

ガールズちゃんねるを略してガルちゃんと呼ばれている。

女子達の意見を多く反映されている為、サイトで引用されることも多く、世間の女性達の声の代表ともいえるでしょう。

ガルちゃんにパニック障害のスレ

そんなガルちゃんの中に、パニック障害のスレも立っていた。

特に盛り上がっていたスレはこちら。

「パニック障害の人達がプラス思考になれるトピ」

「パニック障害の人同士で話したい」

「パニック障害やウツで子供を諦めた方」

症状の共感をしあったり、こうやってパニック障害を乗り越えたという知恵が集結していた。

また女性ならではの悩みも積極的に投稿されていることも特徴。

ではパニック障害患者にとってこの掲示板はどのようなところが役に立つのでしょうか?

パニック障害患者がガルちゃんを使うメリット

ガルちゃんをどのように利用したら患者にとっていい使い方ができるのでしょうか?

パニック障害患者がどうしてこのスレッドに集まるのでしょうか?

使用するメリットをいくつかご紹介したいと思います。

・同じ病気で苦しむ仲間と出会える

・自分の悩みをさらけ出せる

・パニック障害改善の知恵が手に入る

上記3点が主なベースになっていると考えられます。

詳しく解説していきます。

同じ病気で苦しむ仲間と出会える

パニック障害になると人との関わりを持ちたくないという人もいることでしょう。

ガルちゃんは匿名かつ、月間のアクセスが膨大にあるサイト。

同じような境遇で悩んでいる人がたくさん投稿されています。

集団心理が働き私は一人じゃないという安心感を感じることができるかと。

一緒に治療して頑張っていこうと思えるような同士を見つけれることで、ポジティブ思考に。

自分の悩みをさらけ出せる

投稿を読むだけではなく、書き込むことも可能です。

匿名なので安心して利用が可能です。

自分の気になっているスレに悩みを書き込んでみると、アンサーが返ってくることも。

また文字を書いて発散することも、ストレスから解放できる一つの手法です。

現在の悩みを言葉に起こすことで、自分の悩みがより一層明確になり、問題点を見つけることができます。

問題点をきちんと知ることで、自分が今何をするべきか自問自答できます。

パニック障害改善の知恵が手に入る

パニック発作の乗り越え方も人それぞれ。

自分が体験し再現性が高い乗り越え方の知恵も手に入ります。

お薬だけではなく、お医者さんの情報だったり、症状改善をして体を楽にする方法など。

不安は無知からくることもありますから、良い情報はどんどん取り入れていきましょう。

パニック障害患者がガルちゃんを使うデメリット

逆にガルちゃんを使用することのデメリットはあるのでしょうか?

私が思ったデメリットはこちら

・マイナス思考に引き寄せられてしまう

・辛口アドバイスに注意

・傷の舐め合いすぎは禁物

詳しく解説していきます。

マイナス思考に引き寄せられてしまう

病気に対する愚痴や辛さの投稿もあります。

中にはネガティブな書き込みもあるでしょう。

それに引き寄せられてしまい、自分までマイナスな感情が移ってしまう恐れも。

過度に人の意見を見過ぎて不安になりすぎないように注意。

辛口アドバイスに注意

パニック障害は数週間で完治してしまう人もいれば、何十年も苦しむ方がいます。

環境や症状は人それぞれ。

相談をしてみたが、辛口なコメントが返ってくる場合もあります。

匿名だからこそ言いたいことをはっきり強くいう人もいるので注意。

傷の舐め合いすぎは禁物

パニック障害が辛い気持ちは十分分かります。

「分かる」「辛いよね」と共感ばかりしても先へは進めません。

完治するにはその辛い状態から抜け出せるのかという部分がポイント。

症状ばかりの投稿ばかり見てしまうと、気にすることが多くなり余計に不安要素を増やしてしまうことも。

ガルちゃん以外に掲示板はないの?

ガルちゃん以外にも同じ悩みを抱えている方が集まる場所として有名なのが「Yahoo知恵袋」です。

大手Yahooさんが運営しているトピックスなので、パニック障害に関する知恵袋もたくさんありました。

ガルちゃんと同様、悩みを直接書き込めるので自分の抱えている問題を、ダイレクトに答えくれる人達がたくさんいます。

こちらも利用してみるといいかもしれません。

掲示板に頼りすぎないことも大事

先ほどガルちゃんのような掲示板を利用することでのメリットやデメリットを紹介してきました。

しかしまず大前提として、医師とのコミュニケーションをきちんと取ること。

前提としてそれが出来てない状態で、掲示板を利用することはおすすめしておりません。

精神状態が徐々によくなってきたら、患者目線によるアドバイスを受けれる掲示板などを利用すると良いかもしれません。

掲示板にいる人はあくまで患者です。

専門的な知識を持っている医師がきちんと処方される薬をきちんと飲む必要があります。

そこの順番がぐちゃぐちゃになってしまうと、本末転倒になってしまいます。

まとめ

パニック障害で悩んでいる女性は沢山います。

ガルちゃんは同じように悩む人の集まり場所。

使い方によっては、パニック障害の症状を改善する近道に。

しかし利用の仕方を間違えると不安を増幅してしまう可能性も。

過度の利用には注意することを心がけることが大切です。

まずは医師とのコミュニケーションをしっかりとること。

そのうえでこのような掲示板を利用することをオススメします。

ガールズちゃんねるはこちら。

パニック障害克服掲示板やSNSを知って情報交換しましょう!!こちらの記事も人気です。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 心の悩み , , , , ,