パニック障害接し方マニュアル!患者が教える改善方法!

パニック障害患者の接し方に悩んでいる方や、患者が早期回復できるような情報発信

パニック障害でネイルサロンが苦手!私も美容で自分磨きしたい!

   

パニック障害になってネイルサロンが苦手になり、爪のおしゃれを楽しめなくなってしまった方はいますか?

ネイルサロンが苦手になってしまうと、美容院やエステなども行きにくくなる人がいることをご存知でしょうか?

パニック発作の症状が悪化すると行動範囲がさらに狭まってしまう可能性があります。

ネイルサロンに行けないということを放置しておくと危険ですよ。

気になる方はこのまま記事を読み進めて下さい。

パニック障害で美容が楽しめなくなる

パニック障害の発作は、恐怖と不安が強烈に訪れてきます。

この苦しさはなった本人しか分からないでしょう。

発作の時間は数分から数時間と人それぞれ。

その間地獄のような苦しみが患者に襲いかかってきます。

この病気をきっかけに、様々な場所が苦手となってしまう可能性があります。

そのうちの一つにネイルサロンのような場所も該当する場面でしょう。

それではなぜネイルサロンが苦手になってしまうのか原因を解説していきます。

パニック障害になるとネイルサロンが苦手になる理由

パニック障害患者はどうしてネイルサロンが苦手になってしまうのでしょうか?

心理的な面と、環境的な面が原因だと考えられています。

時間的拘束

ネイルサロンを一度受けると、時間的拘束があります。

一連の作業の中で、途中で席を退出するということが難しく、予期不安を感じやすくなります。

「逃げられない場所で発作が出たらどうしよう」

そう考えていくうちに不安がどんどん強まっていくのです。

人前で緊張しやすい

人前で発作を出したら恥ずかしいと思っている人も多いです。

「大衆の前で発作が出たらどうしよう」

「へんな目で見られないかなぁ」

このように他人の目を気にしてしまいがち。

結果的に緊張感が高まってしまうのです。

トラウマが蘇る

ネイルサロンのように閉鎖的な空間で一度発作を出したことがある人は、トラウマとして恐怖が植え付けられている場合があります。

パニック発作は一回でも体験するとその恐怖をなかなか忘れらない場合があり、2回目がいつどこで起こるか分かりません。

そのトラウマから苦手な場所が増えて行ってしまうのです。

では一体どうすれば気軽にネイルサロンを堪能することが出来るのでしょうか?

発作を起こさずネイルサロンを受ける方法

パニック障害患者も楽しく美容をしたい気持ちは分かります。

でもそれ以上に恐怖でネイルサロンを諦めている方もいることでしょう。

私が実践した方法を紹介したいと思います。

スタッフにあらかじめ事情を説明しておく

自分がパニック障害だということを最初に説明しておくことで、店員さんもそのようなお客さんだと判断してくれることでしょう。

「体調が悪くなったらいつでも言ってください」と丁寧対応をしてくれるスタッフさんもいました。

状況を説明してあげるだけで、対応も変わってくると思います。

お薬を飲んでおく

パニック発作の薬をネイルサロンを受ける前に飲んでおくこと。

発作が出る前に、飲むことにより万全の状態で挑むことができます。

成功体験を積み重ねていくことにより、徐々にお薬を飲まなくてもネイルサロンを極度に怖がることがなくなってきます。

スタッフさんと積極的にお話をする

苦手な場所に行くとどうしても発作のことばかり頭がいってしまいます。

何気ない会話をすることにより、会話に意識を向けることが大事です。

「今日はいい天気ですね」などでも十分。

付き添いを連れて行く

もしものために付き添いを連れて行くといいでしょう。

一人で行くことが怖い時期もあります。

徐々に恐怖に慣れて行く事。

一番悪化してしまう原因は、苦手な場所を極端に避けることです。

爪の感触を感じる

頭の中で今何が起こっているのか実況することも一つの手です。

ネイルが爪に当たっている感覚を感じてみたり、匂いや雰囲気を感じてみたり五感を使ってみる。

これも意識をそらせ予期不安のことを考えないようにするためです。

まとめ

ネイルサロンをパニック障害患者が楽しむためには、薬を事前に飲んでおくとと、意識をそらすこととです。

心配事の9割は取り越し苦労のことが多いです。

一時的に本当に辛いと思いますが、発作は収まります。

発作が起きても大丈夫と思えるようになってくると、自然に不安が消えて行きます。

ネイルサロンも楽しく受けることが出来ることでしょう。

どうしても無理な場合は、出張でネイルをやってくれそうな方がいるか探して見るのもいいかもしれません。

しかし出来る限りお店でできるようにトレーニングして行くほうが今後の為だと私は思います。

全国のネイル・まつげサロン検索・予約
はこちらから

いかがでしたでしょうか?

快適な美容ライフが出来るよう心から願っております。

パニック障害でマツエクサロンに行けなくなった!?息苦しい助けて!!こちらの記事も合わせてご覧ください。

おすすめ商品


自律神経を整えて不安を消し去る3ステップ

パニック障害になってしまったマンガ家の実話エッセイ漫画

マンガで読める“あいつ”をやっつけるクスリ!


パニック障害克服ガイドラインーパニック障害とは

パニック障害とはどんな病気?

パニック障害の治療の期間はどれくらいかかるの?

パニック障害をすぐ治す為には?

パニック障害で併発しやすいうつ病とは?

パニック障害克服ガイドラインー治療方法の悩み

お薬を使って治す

マインドフルネスを取り入れる

認知行動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

森田療法を取り入れる

サプリメントを取り入れる


パニック障害克服ガイドラインーお薬の悩み

薬依存が怖い

お薬の飲むタイミングは?

お薬の副作用が怖い


パニック障害克服ガイドラインー外出時の悩み

美容院が苦手

映画館が苦手

お祭りが苦手

テーマパークが苦手


パニック障害克服ガイドラインー周りの人の悩み解決

周りの関わり方はどうすれば?

職場の人が発病した場合どうすれば?

パニック障害をただのわがままと思っている場合どうすれば?

なんて声のかけ方はどうすれば?


パニック障害克服ガイドラインー乗り物の悩み

飛行機が怖い

電車が怖い

車が怖い


 - 外出時の悩み , , ,